89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

タヒチ

タヒチ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

タヒチアン・キルト ティファイファイ



00506_161102_01.jpeg
(Credit) Michel Aubert


「ティファイファイ(Tifaifai)」とも呼ばれ、大胆で大柄なデザインが特徴のタヒチアン・キルト。


キルトといえば日本人にとって馴染みがあるのがハワイアン・キルトですね。
ハワイアン・キルトはキルティングでラインを出す手法、一方、タヒチアン・キルトは土台となる生地に切り抜いたモチーフを縫い付けるもの。


00506_161102_02.jpeg
(Credit) GREGORY BOISSY


「ティファイファイ」とは縫い合わせるという意味から名付けられ、ほかにも、繋ぐ、結びつけるという意味があります。


00506_161102_03.JPG


モチーフは、生活の中で身近にあるものがほとんど。
タヒチの青い海をベースにした風景や、緑の美しい植物や、生き物などなど。
色鮮やかなデザインがいかにもタヒチらしいです。


また、ティファイファイは、タヒチの王族がさまざまな場面で使用していたものなのです。
例えば、王様を肩車する際に従者が肩に掛けたり切った髪をティファイファイで大切に包む、などの云われが残っています。


00506_161102_04.jpeg
(Credit) Virginie Kiou


ちなみに、赤と黄色のティファイファイは、王様専用のものでした。


その流れからか、ティファイファイはさまざまな場面で使われます。
クッションカバーや、ベッドカバーのほか、バッグにしたり、ハンカチにしたり、、、、。


タヒチでお気に入りのティファイファイを探してみるのも楽しいですよ♪

現地記者:
モアナ

世界中から究極のバカンスを求めてやってくる南太平洋の楽園タヒチに関わる仕事を始めてはや5年。日本とタヒチを行ったり来たりしています。

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。