ニューカレドニア/注目のアイスクリーム屋さんVl.02

|ニューカレドニア海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

ニューカレドニア

2014年4月30日
カテゴリー:南太平洋 | ニューカレドニア

ニューカレドニア/注目のアイスクリーム屋さんVl.02

前回は、イタリアン・ジェラートの有名店
「アモリーノ AMORINO」をご紹介しました。


今回は第二弾ということで、「アモリーノ AMORINO」に対抗しようと、
昨年オープンしたばかりの店が、地元素材100%アイスクリームを
ウリにする「ジオ ZIO」です。


00506_140501_01.jpg


シトロン湾から歩いてアンスバータに移動すると最初に目に入る
現代的な建物(ハンバーガーショップQUICKの看板が目印)の2階にあります。
店の雰囲気はとてもポップでモダン。


00506_140501_02.jpg


奥のガラスの向こうの部屋が手作りアイスの工房です。
多種多様なアイスには、それぞれの素材ばかりか、
カロリーまで表示するパネルがあり、
実際アイスを口にしてみると、ミルクやフルーツの味がしっかりして、
天然素材100%をうたっているだけのことはあります。


ヌメア郊外のサラメアの牧場・農園から届く地元の天然素材を
用いているそうで、まさにオーガニックな食品を求める
最近の潮流を意識しています。


00506_140501_03.jpg


注文前に各アイスを小さなスプーンで試食させてくれる
サービスの細やかさはたいしたもの!
店員さんは「どうだ?ウチのアイスはうまいだろう!」と
かなり自信のある表情で、愛想良くお客さんをもてなしてくれます。


アイスやシャーベットで評判の店はまだほかにもあり、
アイスの食べ歩きだけでも、ヌメアで1日過ごせそう。
地元の人に、「どこのアイスが一番おいしい?」と聞けば、
自分のお気に入りを教えてくれるはずです。


坂道の多いヌメアは、徒歩やサイクリングで回るのに
つらいこともあるけど、アイスクリームをお目当てに散策すれば、
またこれも楽しい時間を過ごせると思います。


前回から引き続いて、「アモリーノ」と「ジオ」、
ふたつのアイスクリーム専門店対決を焦点に、
地元の人に愛されているヌメアのアイスクリーム店事情を紹介しました。


チョコレートなど、別のスイーツ専門店対決の紹介も
別の機会にしたいと思いますので、乞うご期待!




ニューカレドニア行きのツアーをお探しの方はこちらから
ニューカレドニア行きの航空券をお探しの方はこちらから



******************************************************
記者/JILL
フランス・ボルドーからニューカレドニアに移り住んで1年。
南の島のゆる~い雰囲気に癒される毎日です。
******************************************************

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社のニューカレドニア旅行 ツアーのご紹介

ニューカレドニア旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
オセアニア・南太平洋格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
南太平洋
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ニューカレドニア/注目のアイスクリーム屋さんVl.02|ニューカレドニア海外現地情報ブログ|阪急交通社