89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ニュージーランド

ニュージーランド在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

地元民から愛されるオークランドの鉄板焼きレストラン!

近年、日本の食文化を代表する料理として、オークランドで注目を浴びているのが“鉄板焼き”。数ある鉄板焼きレストランの中でも、今回はエプソン(Epson)で地元民から高い人気を誇る『Teppan Dining Bowz』 を、ご紹介します。


<ガラス越しに店内の様子やシェフのパフォーマンスがよく見えるBowsの外観>
nz_20170701_01.jpg
ニュージーランド人は、もともと大のバーベキュー好きで、お肉をよく食べる人種です。鉄板シェフの高い技術によって調理される鉄板焼きが、ニュージーランド人の舌を満足させないわけがありません。今回ご紹介する『Teppan Dining Bowz』は、オークランドの中心地から車で約15分のエプソンにあります。普段からよく車でお店の前を通っていた私は、いつか行ってみたいな~と思っていたのですが、ついに!念願叶って、Bowzの鉄板焼きを食べに行ってきました。

ドアを開けると、店内は和の心が感じられるディスプレイで、アットホームな雰囲気。開店と同時に行ったので、運よくカウンター席に座ることができました。カウンター席は、なんといっても鉄板シェフが調理する様子を、間近で見られるのが魅力。私たち家族が席に座ると、あっという間に店内は、お客さんでいっぱいに!お客さんはほとんどがニュージーランド人で、Bowzが地元民から愛されているのが伝わってきました。


<お肉から火が燃え上がると、客席からは歓声が上がります>
nz_20170701_02.jpg
そして鉄板焼きと言えば、やはり注目したいのは鉄板シェフです。Bowzの店長であり、ヘッドシェフを務めるのは、優しそうな雰囲気の中原亮さん。亮さんは、2013年にワーキングホリデービザを取得して、ニュージーランドへやって来きたそうです。

日本では東京の新橋で、カウンター8席のみのお店を、たった一人で任されていたというから、シェフとしての腕はお墨付き。新橋のお店は毎日ほぼ満席で、亮さんは忙しくも充実した日々を送っていたそうです。しかし、現状に満足せずに、シェフとして海外で挑戦するという夢を描き、ニュージーランドへ行くことを決断し、実行した亮さん。

ニュージーランドに来てからは、フレンチ&和食フージョンのお店でシェフとしての経験を積み、そしてBowzの社長との出会いにより、亮さんの料理人としての世界観は、さらに広がったと言います。ヘッドシェフとしてだけではなく、店長として社長に育ててもらったという亮さんは、接客などさまざまな業務を通じて、人間としてもシェフとしても一回り成長できたと感じているそうです。


<鉄板シェフのナイフさばきは一見の価値あり!>
nz_20170701_03.jpg
そんな亮さんが手際よく調理する姿を、私たち家族は、カウンター越しに楽しみながら見入っていました。4歳の娘は、初めての鉄板料理に興奮気味。お肉を切るのが「速いね~すごいね~!」と、娘は驚きと感動の連続でした。忙しい中でも、亮さんは、優しい言葉や笑顔を私たちに向けてくださり、お肉の火が燃えるパフォーマンスも見せてもらえて、大満足!

私はフィレ肉をオーダーしましたが、柔らかくてジューシーで、とても幸せな時間でした。やはり、目の前で調理してもらえる鉄板焼きは、最高に贅沢なお料理ですね。鉄板焼きは、シェフの調理を見るという過程も楽しめますし、厳選素材の鉄板焼き料理がアツアツで出てくるので、満足度がとっても高いのがポイント。

そして、実は私の誕生日だったことを夫が伝えていたようで、サプライズでデザートもサービスで出していただき、おいしく完食しました。あたたかい心遣いが、とてもうれしかったです。


<ニュージーランド人にも人気の和牛“WAGYU”>
nz_20170701_04.jpg
Bowzは、オークランドでおいしい鉄板料理を食べたい人には、是非訪れてほしいお店。カウンター席を予約すると、鉄板シェフの調理が近くで見られて、対話も楽しめるのでおすすめです。亮さんは現在、お店のオーナーになるという夢に向けて、毎日頑張っているそうです。お客さんとの距離感が近い鉄板シェフの仕事にやりがいを感じ、お客さんの喜ぶ顔が見られるのがうれしいという亮さん。常連の地元客には「Hi!RYO!」と声をかけられることも、多々あるのだとか。亮さんの今後の活躍も楽しみですね!


また、店内の一角には、7名まで利用可能の畳ルームがあるのも魅力。そして、Bowzでは、和牛も食べられます。ニュージーランド人の間でも“WAGYU”は日本の高級ビーフとして認知されていて、和牛目当てのお客さんも多いのだそうです。鉄板シェフによるおいしい鉄板焼きが食べたい!という人は、是非エプソンの『Teppan Dining Bowz』に、足を運んでみてください。
 

『Teppan Dining BOWS』
住所:5 Pah Road, Greenwoods corner, Epsom, Auckland
電話番号:09-630-5413
ホームぺージ:http://bowznz.co.nz/
Facebook:https://www.facebook.com/teppandiningbowz/

現地記者:
Kei

海外放浪の後、ニュージーランド在住7年。植物と旅をこよなく愛す。フローリスト。
http://ameblo.jp/littlegardenernz/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。