89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

オーストラリア

オーストラリア在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

オシャレ倉庫で楽しむオーガニックショッピングと地中海カフェ料理

Saporium(サポリアム)はRoseberyにある複合施設。元々は2つの建物だったのを改築して、11万平方メートルのAからEまでの倉庫の中に、レストラン、カフェ、ワイン蒸留酒造、肉専門店、オーガニックパン屋、コーヒー専門店、料理学校、料理器具店、雑貨屋、ジム、ネイルサロンなどが入っています。元々倉庫だったところなので、とても開放的な雰囲気。

今回はオーガニック自然食品店と人気のカフェをご紹介。

 

Wholefoods House(ホール・フード・ハウス)はオーストラリア全土から美味しくて健康的な食材を提供していて、オーガニック・自然食品などもちろん添加物は一切なし。 近年日本でも「無添加」に注目がさらに集まっていますが、オーストラリアでは大型スーパー内でも、オーガニックの野菜、お肉、食品などがきっちりと別れて陳列されてあり、オーガニックはとても重要視されています。

OZBlog20170702_01.JPG

 

よく日本へのお土産で最近は自然食品や無添加・化学物質フリーの製品を買って帰るのですが、結構これが喜ばれます!オーガニック先進国でもあるオーストラリアなので、日本ではまだまだ珍しいものもたくさん。

OZBlog20170702_02.JPG

日本語表記もあったのですが、片栗粉でできた使い捨ての容器。温かいもの・冷たいものどちらでも大丈夫なくらい結構頑丈でしたが、驚くことにこの容器を土に埋めると6か月から18か月でこの容器が分解されていくというもの(その埋められた土の状態などにもよるそうですが)。

自分たちが使うものにも目を向けることが環境汚染や破壊をストップさせる第一歩。周りでもそういった志向の方が多いのがオーストラリア。

 

この他にも日用品から美容関連のものなどたくさんのオーガニック製品があるので、見ているだけでもあれこれ欲しくなってしまいます。食材に限らず一度行ってみる価値のあるお店ですよ。

 

Wholehoods Houseのすぐ近くにはシドニーのグルメっ子たちに人気のあるカフェ、5th Earl Rosebery (フィフスアール・ローズベリー)があります。こちらのカフェは、緑やお花のあるエレガントなお店の雰囲気の良さ、料理のクオリティー、そしてキッズフレンドリーな対応をしてくれることからも、カップルや友達同士、家族連れやママさんグループなども多く訪れる場所。

OZBlog20170702_03.JPG

 

ジョン・コズマさんは3人のオーナーの中の1人であり、料理長でもあるので、自らメニューを考案しています。ギリシャとレバノンのバッググラウンドを持っているので、5th Earlのメニューにも地中海のテイストを取り入れたものもたくさんあります。

 

友人に教えてもらい訪れてから、すでに何度かまた食べに行くことが多く、リピーターになった私ですが、色々なメニューを試しても結構当たりが多いので、カフェの雰囲気だけでなく料理も堪能したい方にはおススメ。

OZBlog20170702_04.JPG
(こちらは限定メニューだったタコス)

 

お腹が空いているなら、ランチメニューはとってもボリューム満点で、男の人でもお腹いっぱいになるこの量。ソフトシェルクラブバーガーを頂いてきましたが、オーストラリアではこのソフトシェルクラブ(蟹を片栗粉にまぶしてあげたもの。とっても柔らかくてジューシー)が大人気。サラダのトッピングとして出てくるところも多いのですが、蟹好き、シーフード好きの方には是非試していただきたい一品!

OZBlog20170702_05.JPG

 

週末は特に人気のあるところなので予約していくことをおススメします。

OZBlog20170702_06.JPG

 

Saporiumでは毎週土曜日の朝10時から15時まで、Saporium Marketを開催しており、自家製食品販売、子供用にはフェイスペインティング、トランポリン、小さな屋台もあるので、こちらも是非!

 

5th Earl Rosebery
https://www.the5thearlrosebery.com/
32 Morley Ave, Rosebery NSW 2018

 

Saporium
http://saporium.com.au/
61 Mentmore Ave, Rosebery NSW 2018

現地記者:
KAORI

2007年よりオーストラリア移住。半年間のバックパッカーハネムーンで14か国の旅を 終え、再びオーストラリアへ。 現在はシェアハウスのポータルサイト会社のオーストラリア事業を担当。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。