89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

オーストラリア

オーストラリア在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

メルボルンに行ったら訪れたいイタリア街カールトン

メルボルンの中心地の北東にあるサバーブCarlton(カールトン)。メルボルンに住んでいる友人たちが口を揃えてお勧めするサバーブの一つで、観光ブックにも、旅サイトなどの口コミでも必ず掲載されているほど有名なのが、Lygon street(ライゴンストリート)!何がそれほどまでにも有名かと言うと、隣同士、道路を挟んで向かい側にも見渡す限り、たくさんのイタリアンレストランがずらりと立ち並んでいるんです。ピザの大会で世界チャンピオンになった方のレストランもあるそうで、本格的なイタリア料理が楽しめることは間違いない場所。

OZBlog20160501_01.jpg

 

たくさんありすぎてどこのレストランにしようかと絶対に迷ってしまうライゴンストリート、その中でも今回は友人のお勧めの「D.O.C」に行ってみることに!ピザ専門店とパスタ専門店があって、パスタ専門のD.O.C Expressoに行ってきました。ちょうど6時くらいで早めに行ったので予約なしでも入れましたが、8時過ぎには店内も外の席も満席で、外で待っている人たちもいたので、予約していったほうが無難かも?

OZBlog20160501_02.JPG

ここは、特にイケメン多し!!なんてコメントする人たちもいるくらい、女性に人気のレストラン。実際に行ってみたら確かに、ウェイターも男性が多い。そして、イタリア人は何よりも陽気なので、接客も明るくて、こちらまで楽しくなっちゃうのは気のせい?!

 

お腹いっぱいで満たされたところで、次はデザート行くよ~!と足早に歩く友人についていくと、目がキラキラするくらいのデザート天国に足を踏み入れてしまいました。

OZBlog20160501_03.JPG

メルボルンでは知らない人がいないというくらいとても有名なイタリアンスイーツのお店brunetti(ブルネッティ)。1985年にイタリア菓子店として販売を開始して、それから1991年にカフェとして営業を開始。今ではCarlton以外にも店舗を構えるくらいとても人気のあるお店です。ここはカフェなのに、遅くまで営業していることもあり、夜でもコーヒーを飲みに訪れるお客さんもたくさん。

 

OZBlog20160501_04.JPG

誕生日やお祝いごとにホールケーキ。

 

OZBlog20160501_05.JPG

ちょっとした手土産にカットケーキやエクレアなど。ホールではなくこのサイズは嬉しい!と侮っていると、実はかなり大きいことにビックリします。

 

OZBlog20160501_06.JPG

マカロンやチョコレートももちろん1個売りもしてくれます。

 

スイーツだけでなく、カフェやレストランとしても営業しているのですが、ここまでのスイーツパラダイスを見せつけられて、ピザ食べに来ましたなんてことも癪なので、今回はクッキーチョコのアイスクリームを頂きましたが、これもまぁ一人で食べきれないサイズ!一つ$6するから、それなりの大きさなので覚悟を!

OZBlog20160501_07.JPG

 

■お店情報

D.O.C Espresso
326 Lygon Street Carlton
http://docgroup.net/

 

Brunetti
360 Lygon Street Carlton
http://brunetti.com.au

現地記者:
KAORI

2007年よりオーストラリア移住。半年間のバックパッカーハネムーンで14か国の旅を 終え、再びオーストラリアへ。 現在はシェアハウスのポータルサイト会社のオーストラリア事業を担当。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。