89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

カナダ

カナダ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

行列ができる大人気のアイスクリーム屋、"Bang Bang Ice Cream"

トロントのダウンタウン西部にあるこのアイスクリーム屋さんは、3年前にオープンして以来大人気。ほぼ毎週、車でお店の前を通るのですが、夏は当然、真冬でも行列を作っています。

待つことが大嫌いなカナダ人が、並んで食べたいアイスクリーム。ネットでもその評価が非常に高く、多くの人が訪れています。

トロントも夏の日差しのような日が増えてきて、お出かけ日和になってきており、ずっと気になっていたため今回食べに行くことにしました。

 

CAN_20170701_1.jpg

外観も内装もとてもシンプルなお店です。イートインスペースはなく、常に人であふれてているので、店の外で食べている、もしくは食べ歩くお客さんが多いです。お店の名前である「Bang Bang」が書かれていませんが(一応右の小窓に木の看板あり)、常に人だかりが出来ているため、お店を見落とすことはありません。

 

CAN_20170701_2.jpg

この日は週末で、午後3時半頃に訪れましたがあまり混んでおらず、私たちの前に並ぶお客さんは、25人ほどでした。かなり暑い日だったので拍子抜けしてしまいましたが、普段はもっと列が長いです。15分ほど待っていると、店内に入ることができました。

 

CAN_20170701_3.jpg

店内に入ってからも待つのですが、メニューを見ながらなので待たされている感覚はなく、迷っているうちにすぐ自分が注文する順番がやってきます。

缶に書かれている名前がアイスクリームの種類で、この日は27種類ありました。

日本で見かけないようなユニークなメニューばかりで、ヴィーガン(乳製品抜き)もあります。種類が多く、魅力的なメニューが多いので、何にしようか決めかねている間に私たちのオーダーする番が来ました。

 

CAN_20170701_4.jpg

CAN_20170701_5.jpg

アイスと組み合わせてオーダーできる、クッキーやシューパフ、ワッフルが併せて販売されていて、写真のようにアイスを間に挟んでくれます。

かなりボリューミーなので、重たいと思う方は、アイスのみや、ワッフルコーンでオーダーすることもできます。アイスを持って出て来る人を見ていると、クッキーサンドを購入している人が多かったです。

 

CAN_20170701_6.jpg

メニューはこんな感じです。アイスクリームを選んだら、カップ・コーン・ハーフかフルサイズのクッキー・シューパフ・ワッフルいずれかの組み合わせを選び、オーダーします。クッキーはいくつか種類がありました。

 

CAN_20170701_7.jpg

とってもお腹を空かせていた私たちは、揃ってダブルアイスクリームとワッフルのコンビネーションを注文しました。

私(左)はトトロのタロ芋アイスと抹茶&ほうじ茶、旦那(右)はヘーゼルナッツとロンドンフォグ(紅茶)のアイスです。

外はカリカリ、中はもっちりのあつあつワッフルに、甘さ控えめのアイスクリームが絶妙にマッチして、とても美味しかったです。抹茶は思った以上に本場さながらの苦味があり、個人的には大好きでした。

見た目はボリューミーですが、ワッフルが空気のように軽く、アイスクリームが濃厚ながらもあっさりしていたので、ついつい食べることに夢中になってしまい、あっという間に平らげてしまいました。

 

カナダのスイーツは、砂糖やバターを多く使用したとっても甘いものが多い中、ここのアイスクリームは割とあっさりしていて、クッキーやワッフルにアイスをサンドしてくれるユニークなメニューから、流行るのは当然だなと思いました。

トロントに滞在予定の方はぜひ、試してみてくださいね。

 

Bang Bang Ice Cream

93a Ossington Avenue, Toronto, ON M6J 2Z2

現地記者:
もも

2012年よりトロント在住。会社員、ブロガー、1児の母。
ブログ「東京カナダ」でトロントの暮らし x 子育てについて情報発信しています。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。