89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

カナダ

カナダ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

バンクーバー中央図書館

ダウンタウンの賑やかな交差点に、ちょっと目をひくコロシアム風の立派な建物が…。これは市営の中央図書館です。カナダの有名な建築家による設計で、以前は映画やテレビドラマの撮影にもよく使われていました。

CAN_20170602_01.jpg

街の真ん中にあるので、終日たくさんの人たちで賑わっています。地元の学生や海外からの留学生、ビジネスマンに子供連れのママたち。そして、とくにすることもないしなぁ…といった仕事もお金もなさそうな人たちも。開館時間を待つ人たちで、ドアの前はかなり混雑していました。

CAN_20170602_02.jpg

読みたい本はオンラインでリクエストし、家の近くの図書館で受け取ることができるので、ここに来ることは年に数回ですが、ときどき日本の本が恋しくなると足を運びます。

2階には外国語の書架を集めたコーナーがあり、日本語の棚には書籍や雑誌、児童書や実用書などが並んでいます。棚の隅から隅までゆっくり見ていると、時間が経つのはあっという間です。会員証を持っていれば、書籍は一度に50冊まで3週間借りることができます。滅多に来ないので、期間内に読み切れそうにないとわかっていても、つい欲を出していっぱい借りてしまいます。

CAN_20170602_03.jpg

カナダは英語とフランス語が公用語なので、当然フランス語の蔵書もありますが、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語、ペルシャ語、タガログ語などなど。国際色豊かなバンクーバーの街の特徴がここによく表れています。

CAN_20170602_04.jpg

1階はワンフロアすべてが子供のためのスペースです。児童書がずらりと並び、タッチスクリーンの知育ゲームやボードゲームなどもあります。

CAN_20170602_05.jpg

どこの図書館でも、「ストーリータイム」という本の読み聞かせをしてくれる時間があり、就学前の幼児を連れたお母さんたちがたくさん集まります。

CAN_20170602_06.jpg

広々とした空間のいたるところに椅子が置いてあり、静かに勉強できる机もあります。午後になると試験勉強のための学生や、調べものをするビジネスマンで混雑します。

CAN_20170602_07.jpg

最近できた新しいコーナー、インスピレーションラボ。デジタルメディアを使って編集作業ができるスペースです。この日も大学のプロジェクトでビデオ編集をしている学生たちがいました。

CAN_20170602_08.jpg

CAN_20170602_09.jpg

デジタル化が進み、図書館の利用形態も変わってくるのですね。書架のスペースが減り、違うスタイルで有効利用されています。

 

Vancouver Public Library (Central Library)
350 West Georgia St. Vancouver, B.C.

現地記者:
ごとうみつよ

1997年よりバンクーバーに移住。ツアーガイド、日本語教師を経て、現在は夫と寿司店を営む。
余暇はテニスと庭仕事に忙しい。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。