89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

アメリカ(西部)

アメリカ(西部)在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

海の風を感じられるレストランで、とっておきランチ

ロサンゼルス郊外のオレンジカウンティー内にある、ニューポートビーチというビーチシティー。この辺りは高級住宅街でもあるので、素敵なレストランが溢れています。なかでも、友人がお料理を絶賛していたこともあり、以前から前を通るたびに気になっていた海の目の前にあるレストラン「ラスティー・ペリカン」。私ごとで大変恐縮ですが、先日誕生日だったもので、バースデーランチに出かけ、テラス席でのランチを楽しんできました。
 
LA_20170701_01.jpg
 
LA_20170701_02.jpg
 
LA_20170701_03.jpg
まずはシャンパンで乾杯。お天気も良く、明るいうちからお酒が飲めるのは、とても贅沢な気分です。
 
LA_20170701_04.jpg
こちらはアパタイザーとして頼んだ、ガーリックブレッド。ウエイトレスさんも、「ガーリックブレッド、持ってきてもいいわよね」という聞き方をして来るほど、頼まない人はいないというほどの人気メニューなのだとか。フランスパン1本分が出てくるのですが、ついつい手が伸びてしまい、メインディッシュが来る前にペロリと平らげてしまうほどの美味しさです。しかも私たちは、あまりの美味しさに、もう一つ追加でオーダーをしてしまいました。
 
LA_20170701_05.jpg
 
LA_20170701_06.jpg
生牡蠣は、この日入った新鮮なものが6種盛り合わせで出てきました。日本の種「くまもと」も「幻の牡蠣」と呼ばれこちらではとても人気です。メインディッシュも、せっかくのビーチシティーのレストランですので、お肉料理ではなく、迷わずお魚をオーダー。サーモンは、フレッシュなので臭みもなく、程よく脂が乗ってジューシーです。シュリンプもプリプリ。
 
LA_20170701_07.jpg
デザートはどれも魅力的で一つに決められないほど。ガトーショコラ、キーライムパイ、バナナプティングのトリオを頼んでみました。アメリカではよくありがちなのが、お砂糖がジャリジャリというほどの甘さですが、こちらのお店のデザートはどれも程よい甘みで、食後のコーヒーととても合います。アメリカは、残ったものを綺麗に箱に入れてくれますので、注文し過ぎてしまっても、お持ち帰りができます。この日も、残ったデザートは持ち帰らせていただきました。
 
LA_20170701_08.jpg
このレストランの名前「Rusty Pelican(錆びたペリカン)」。何となく明るいイメージはしないネーミングですが、それとは全く異なり、お店の雰囲気はとっても素敵で、なによりスタッフの方たちの対応が素晴らしかったです。2階にはバーがあり、そこからの眺めも最高なのだそう。今度はサンセットを楽しみに来たいと思います。
 
【Information】
Rusty Pelican
2735 West Coast Hwy.
Newport Beach, CA 92663
☎949-642-3431

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。