89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ドバイオペラ

ついにUAEにも本格的な舞台芸術を観賞出来る場所ができました。それが2016年8月31日にダウンタウン・ドバイにオープンしたドバイオペラです。こけら落としにはプラシド・ドミンゴが登場し、華やかな幕開けとなりました。

 

UAE_20170101_01.jpg
<ドバイオペラ正面エントランス>

2000席を擁するこの新しい劇場のデザインはアラブの伝統的な船であるダウ船をモチーフとしていながら、ガラス張りのモダンな建物となっています。運営のトップにロイヤルアルバートホール(ロンドン)の元COOを招き、中東の舞台芸術にすべく、オープン以降オペラ、バレエ、ミュージカル、コンサート等、様々なジャンルの舞台を繰り出し続けています。

 

UAE_20170101_02.jpg
<ブルジュ・ハリファをバックに建つドバイオペラはドレス姿の素敵な美女もセルフィーしちゃうほど夜はイルミネーションが綺麗です。>

オープンしたと聞いて以来、すぐにでも行ってみたいと思っていたのですが、先日念願かなって「レ・ミゼラブル」を観に行って来ました。

近くにホテルをとっていたので歩いて会場入り。これが意外と歩きました。というのも、まだ周りは工事中だらけだからか、すぐ近くのドバイモールやブルジュ・ハリファから直結という訳ではなく、まわり込むようにひたすら道路を歩くしかなかったのです。今はいい季節なので歩くのは苦になりませんが、工事が終らないと夏は厳しいかもしれません。

会場に近づくと、ドレスアップした人でにぎわいはじめ、華やかな雰囲気に気分もあがります。チケットはオンラインで手配してプリントアウトしたものでOK。初めてでしたし、会場の様子も分からなかったので、いちばんお安い席にしたのですが、これがとてもお得に思える席でした。なんと舞台に向かって両端のバルコニー席が最安値席だったのです。端なので舞台上に少し死角は出来てしまうのですが、シートが固定でなく、稼働出来る席だったので見やすい位置に移動させることができ、とても楽でした。しかも前にも後ろにも人がいない広々感。終始ゆったり観賞出来て大満足でした。この席オススメです!

 

UAE_20170101_03.jpg
<会場内>

舞台自体も素晴らしく、感動しました。舞台装置はよく工夫されていて美しかったですし、パフォーマンスされていた役者さん達もブロードウェイやロンドン等世界で活躍されている方々が集まっていて、とても見応えのある演技に見入ってしまいました。

ヨーロッパのオペラ座のような風格や格式といった豪華さはないかもしれませんが、モダンな内装は好感がもてましたし、肩肘張らなくても気軽に見に来れるというオープンな雰囲気がドバイらしくていいなーと思いました。

どんどん発展して華やかに賑わっているUAEですが、これまで芸術関係についてはだいぶ遅れていたように思います。アブダビに建設中のルーブル美術館のオープンもそろそろと思われますし(開館は数年遅れていますが^^;)、このドバイオペラも存在が定着したら、ブロードウェイやロンドンのように、これからドバイ観光の目玉のひとつになるかもしれませんね。20年前のドバイを知る者としては、こんな発展を感慨深くも感じてしまうのでした。

 

UAE_20170101_04.jpg
<一部のバーではアルコールも販売しています。上映前と幕間はグラス片手におしゃべりする人でいっぱいでした。>

 

DUBAI OPERA
http://www.dubaiopera.com

現地記者:
Satoko Chen Arikawa

カナダ、台湾生活を経て、2016年1月からアラブ首長国連邦アブダビ在住。宝飾関係の仕事をしながら、のんびりアブダビ生活を楽しんでいます。趣味は旅行、芸術鑑賞、料理、そして食べること。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。