89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

トルコ

トルコ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

新市街イスティクラル通り裏のパサージュ

TUR_170701_01.jpg

新市街タクシムの遊歩道イスティクラル通りの裏手に、ここアヴロッパパサージュはあります。

直訳するとヨーロッパの商店街という名前。

パサージュ自体は、フランス語でガラス製のアーケードに囲われた商店の集合という意味合いだそうで、その名の通り天井はガラスのため、明るい商店街です。

このタクシムで現存する商店街の中で、最も古い場所の一つです。

1856年に前身となる施設が作られたそうですが、1870年のこのペラ地区の大火災により燃えてしまい、その後、1874年にアウロッパパサージュとして生まれ変わったのだそう。

 

TUR_170701_02.jpg

当時は、床屋や時計屋、靴屋、花屋など、地域に密着した商店が並んでいたそうですが、

現在は、土産物屋がほとんどです。

この地域は、旧市街とは違い、今もヨーロッパ建築が多く残る場所でパサージュ内の2階部分の

様式美も素敵です。

 

TUR_170701_03.jpg

アンティークショップ。

玉石混合ですが、眺めるだけで楽しくなります。

 

TUR_170701_04.jpg

トルコの目玉のお守りナザールボンジュウのブレスレットや、

石を使ったオリエンタルなアクセサリー。

1000円から2000円程度の手軽な値段なので、お土産に人気の品ですね。

 

TUR_170701_05.jpg

キュタフヤ陶器とアクセサリーのお店。

キュタフヤ陶器は、アナトリア中央部のキュタフヤで作られる伝統陶器。

色鮮やかでチューリップやカーネーションなどの模様で、とても艶やかです。

 

TUR_170701_06.jpg

チャイグラスも揃ってます。

意外にお土産に人気です。

耐熱ガラスなので、熱燗用にも良いですよ。

 

TUR_170701_07.jpg

ガラス製品が有名なトルコ。

こんな可愛いオブジェもありました。

 

TUR_170701_08.jpg

ガジアンテプ地方の手作りの靴に、今夜地方のケチェと言われるフェルトの洋服。

どちらも、トルコの伝統工芸です。

 

TUR_170701_09.jpg

TUR_170701_10.jpg

こちらもキュタフヤ陶器と手作り石鹸やペシュテマルと言われるトルコタオルのお店。

石鹸もトルコは良質のオリーブオイルがとれることから、とても良いものが多くあります。

ペシュテマルは、薄い平織りの布地ですが、元々はハマムに使われるタオルでしたが、

現在では、ビーチなどで使われるものとして人気です。

乾くのも早いし、パレオとしても使えます。クロスとして使っても可愛いです。

 

TUR_170701_11.jpg

トルコレースのネックレスなどもありました。

その他、キリムやランプなども。

 

TUR_170701_12.jpg

全部で22店舗の小さなパサージュですが、のんびりしてて客引きもほぼありませんので、

ゆっくり見たい人にはオススメです。

基本的なトルコのお土産物はほとんどある感じですから、グランドバザールなど大きな場所は疲れてしまう人には良いでしょう。
あそこは、一度迷うと同じお店を見つけるのが困難だったりしますから。

 

TUR_170701_13.jpg

ちなみに、パサージュの裏には、こうした魚屋が多く立ち並んでいます。

そのため、魚レストランも多く、ワインバーもいくつかあるので、夜も楽しめる場所が多いのが特長です。

 

タクシムにお泊まりの際は、ぜひどうぞ!

 

Avrupa Pasaji

Beyoğlu (Meşrutiyet Caddesi & Sahne Sokağı)

34750 İstanbul

Türkiye

現地記者:
河合亜希子

1998年よりトルコ・イスタンブール在住。
トルコ雑貨のお店Anatolian Art店主。コラムやコーディネートも担当。
http://blog.livedoor.jp/istanbulcafe/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。