89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

トルコ

トルコ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

イスタンブールから3時間のエーゲ海

トルコは実は三方が海に囲まれた国。

黒海、地中海、そしてエーゲ海。

イメージだけだと砂漠の国かと思った・・・なんて仰る方が結構多いです。

 

私も、初めて来た頃はそんなイメージでしたが、意外にリゾートが整っています。

地中海地方のアンタルヤは、夏はロシア人とドイツ人。ダラマンはイギリス人。という風に、ヨーロッパから手軽にこれる上、海外からの直行便も充実しているので、かなり外国人慣れしているリゾートばかりです。しかも大型ホテルが立ち並びます。

 

そういう、大型ホテルはオールインクルーシブ(食事すべて込み)のスタイルで、朝から晩までずっと食べ放題。昔は、そうしたホテルでの滞在も楽しかったのですが、大音量の音楽の中、特に何をするでもなくひたすらビーチやプールサイドで日焼けをするリゾートスタイルですので、正直耳は痛いわ、退屈だわ・・・

 

色々経験した上、楽しいなと行き着いたのは対極のキャンプでした。

ここ数年は、自分たちで色々場所を探してキャンプを楽しんでいます。

用意も大変だし、料理も自分たちでするわけで、疲れはしますが、これが結構楽しいのです。

 

今回は、それほど休みがないので、週末を使用して行ける範囲で探しました。

 

TUR_170602_01.jpg

 

イスタンブールから車で3時間ちょっとのサロス湾にあるギョクチェテペです。

この距離が嬉しい。早めに起きて夜中3時に出発して、朝には到着。

ギリシャとの国境に数十キロという距離で、エーゲ海に面した静かな村です。

 

ここは、国立公園内で、国から借り受けてキャンプ場にされています。

国の規制があるので、大きな施設を作ったりすることができないため、基本的にキャンパーや

週末ピクニックに来る人のみ。

 

TUR_170602_02.jpg

 

静かで誰もいないのは、想像以上。

時期的に5月中旬だったこともあり、まだ夏休み(トルコは6月始め頃からほぼ夏休み)が始まっていないことも大きかったと思いますが、とにかく、静かで綺麗でした。

 

TUR_170602_03.jpg

 

我が家は、小さなピッキングのキャンピングカーでここ数年はキャンプを楽しんでいます。

冷蔵庫と、小さなキチンが付いているのでそれなりに便利です。

 

TUR_170602_04.jpg

 

とりあえず、村で野菜など食材を調達。

村でも買えますし、国立公園の入り口にもオーガニックマーケットやパン屋があり、結構便利です。

TUR_170602_05.jpg

 

村なのでお安いのかと思いきや、実はそんなことがなく。

スーパーなどがないことと、基本的に村人は自給自足なのでこうした八百屋で買うことは少ないんだそうです。そのため、かなり強気の値段で、イスタンブールよりも高いんじゃないかと思いました。

 

TUR_170602_06.jpg

 

村のはずれには、こうして地鶏卵を販売しているところもちらほら。

 

Honeyview_TUR_170602_07.jpg

 

イスタンブール在住でしたが、リタイアしてここで地鶏の養鶏をはじめたのだそうです。

 

この他にも、ハチミツなんかも道端で売ってて、ついつい寄り道してしまいます。

 

TUR_170602_08.jpg

 

調達した野菜や田舎パン。

 

TUR_170602_09.jpg

 

TUR_170602_10.jpg

 

TUR_170602_11.jpg

 

近くに食べれるところもないので、三食自炊ですが、なぜかキャンプだと料理も苦にならないのが不思議です。

豪華な食事ではないですが、外で食べるとこれが美味しいのです。

 

TUR_170602_12.jpg

 

エーゲ海らしい美しい海の真ん前でキャンプできるのは、何よりの贅沢。

 

TUR_170602_13.jpg

 

TUR_170602_14.jpg

 

さすがサロス湾、美しい。

サロス湾は、潮流の関係で昔から透明度が高いことで有名です。

 

TUR_170602_15.jpg

 

広大な松林の中のキャンプ場なので、夏になると週末は子供向けに1日トレッキングツアーや、

マリンスポーツスクールなども開催するそうです。

 

TUR_170602_16.jpg

 

ちょっと早かったので、数えるほどしか人はいませんでしたが、

エーゲ海を独り占めの3日間でした。

★今回のキャンピング場詳細
http://www.gokcetepetabiatparki.com/index.html

現地記者:
河合亜希子

1998年よりトルコ・イスタンブール在住。
トルコ雑貨のお店Anatolian Art店主。コラムやコーディネートも担当。
http://blog.livedoor.jp/istanbulcafe/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。