89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ペルー

ペルー在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

寒い冬だからこそ!リマのスープ専門店「Siete Sopas」

冬に突入した南半球のペルー。首都リマも肌寒い日が多くなってきました。そんな季節には、温かいスープが一番ですね。今回はリマで人気のスープ専門店「Siete Sopas(シエテ・ソパス)」をご紹介しましょう。
 
 
PE_20170701_01.jpg
リマの目抜き通りの1つ、アレキパ通りにあるシエテ・ソパス。シエテ・ソパスとは「7つのスープ」という意味です。曜日ごとに決まったスープを頂くという南部の都市アレキパを始め、ペルーには「●曜日のスープ」が存在する街がいくつもあります。スープ好きのペルー人にとって「シエテ・ソパス」という響きは、もう聞くだけでお腹が空いてしまう魔法の言葉なんです。
 
 
PE_20170701_02.jpg
ある日の午後2時すぎの様子。順番待ちの人で、店の前はあふれかえっています。
 
店に到着したら、まずスタッフに名前と人数を告げましょう。店内には2・4・6人席のほか、20人以上が着席できる大きなテーブルがあります。その大きなテーブルで相席になっても構わない場合は、「mesa compartida(メサ・コンパルティーダ/共有テーブル)」と伝えましょう。1人の場合、そのほうが早く座れる可能性があります。
 
 
PE_20170701_03.jpg
大きな寸胴鍋がいくつも並ぶ厨房。スープを始め、店のメニューはすべて持ち帰りできます。
 
 
PE_20170701_04.jpg
店の壁に描かれているのは、スープの女神様でしょうか?その下には、「皆さまにご注文いただいたスープ(の売上金の一部)は、子供たちや低所得のお年寄りたちの助けになっています」とあります。シエテ・ソパスは、社会貢献にも積極的な企業なんですね。
 
シエテ・ソパスのスープは、毎日注文できる定番の「Caldo de Gallina/カルド・デ・ガジーナ」と「Sopa Criolla/ソパ・クリオージャ」のほか、月曜/Shambar(シャンバル)、火曜/Menestrón(メネストロン)、水曜/Sopa de frejol a la leña(ソパ・デ・フレホル・ア・ラ・レーニャ)、木曜/Patasca(パタスカ)、金曜/Chupe de viernes(チュペ・デ・ビエルネス)、土曜/Sopa de cordero con morón(ソパ・デ・コルデロ・コン・モロン)、日曜/Sancochado Limeño(サンコチャード・リメーニョ)といった、曜日ごとの日替わりスープがあります。水曜日と土曜日は定期的に変更するそうですよ。店の外壁にその週のスープが貼りだされるので、入る前にチェックしましょう(一番最初の写真をご覧ください)。
 
 
PE_20170701_05.jpg
ではさっそく頂きましょう!この日は金曜日のスープ、「チュペ・デ・ビエルネス」を注文。チュペとはミルクベースのスープのことで、シエテ・ソパスのチュペには大きな白身魚と海藻、卵が入っていました。
 
スープの大きさは3種類ありますが、私は「Sopa Mediana(中スープ)」を選択。無料でサービスされる焼きたての窯焼きパンと一緒に頂きます。ちなみに女神様の写真に写っている女性が食べているのは、「Sopa Grande(大スープ)」。ラーメン鉢ほどの大きさがあり、食べ応えは十分!でも日本人にはちょっと飽きてしまう量かもしれませんね。
 
 
PE_20170701_06.jpg
シエテ・ソパスにはロモ・サルタードやチャーハン、パスタ、サンドイッチなど、スープ以外のメニューもあります。これらを注文したお客様に限り、「Sopa Menú(定食用スープ)」という小鉢入りのスープを選ぶことができます。前菜にちょうどいい量なのが嬉しいですね。
 
年中無休・24時間営業のシエテ・ソパス。移動の都合で中途半端な時間にリマ入りした時や、あまり食欲がない時にも利用しやすいお店です。温かいペルーのグルメスープで、リマの寒さを吹き飛ばしてくださいね。
 
 
★Siete Sopas/シエテ・ソパス★
住所:Av. Arequipa 2394, Lince - Lima
営業時間:24時間営業(無休)
ウェブサイト:www.facebook.com/SieteSopas

現地記者:
原田慶子

ペルー・リマ在住ライター。
ペルーの観光情報からエコやグルメの話題などを幅広く執筆。
ペルーに関する情報誌等の取材協力。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。