89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ペルー

ペルー在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

Dédalo Arte y Artesanía(デダロ・アルテ・イ・アルテサニア)

ボヘミアン(自由奔放なアーティストたち)の街として知られる、リマ市バランコ区。
おしゃれなカフェやギャラリーが建ち並ぶこのエリアは、アートに敏感なリマっ子たちや外国人に人気です。
その中で、ペルーのアート情報発信基地としてダントツの存在感を発揮しているのが、「Dédalo Arte y Artesanía(デダロ・アルテ・イ・アルテサニア/通称:デダロ)」。
リマ在住日本人にもデダロ・ファンは多く、「バランコを訪れたら必ず足を運ぶ」という声をよく聞きます。
 
 
PE_20150915_01.JPG
1992年オープンの「Dédalo Arte y Artesanía(デダロ・アルテ・イ・アルテサニア)」。
アートに溢れたこの店は、バランコ区で最も美しい通りの一つPaseo Sáenz Peñaにあります。
デダロを含めたこの通りの建物は、どれもヨーロッパ建築の影響を受けた瀟洒な屋敷ばかり。
手入れの行き届いた緑地帯には、人々がほっと一休みできるベンチのほか、ペルー独立の雄サン・マルティンを讃えたオベリスクもあり、思わずカメラを構えたくなる風景が広がっています。
 
 
PE_20150915_02.JPG
白亜の建物を一歩中へ進むと、ありとあらゆるアートがぎっしり!
いずれもペルーで活躍するアーティストたちの作品で、中には現品限りの一点物もあります。
店内にはデダロのオーナーが自らペルー中を回って探し当てたという、あらゆる方面の作品が並んでいます。
テーブルや椅子などの大型家具、ベビーアルパカのニットや、世界三大コットンの一つピマを使ったTシャツや衣類、ペルー特産の銀製アクセサリー、食器、絵画、置物、人形・・・。
個性豊かでデザインも洗練されたものばかり。
店内はいくつもの小部屋に分かれているので、まずは一つずつゆっくり見て回りましょう。
 
 
PE_20150915_03.JPG
「artesanía(アルテサニア)」はスペイン語で「民芸品・工芸品」という意味。
デダロに置かれている民芸品は、伝統の中にも作者のオリジナリティを感じさせるものがたくさんあります。
 
 
PE_20150915_04.JPG
このリャマの人を食ったような表情といったら!
どれもこれも可愛らしくて、迷ってしまいますね。
 
 
PE_20150915_05.JPG
デダロの一番奥には、こんな素敵なオープンカフェがあります。
コーヒーやジュース、サンドイッチなどの軽食のほか、スィーツも充実。
窓口で注文すると、テーブルまで運んでくれるシステムです。
 
 
PE_20150915_06.JPG
カフェの奥には、リマで人気の「Bonsai(盆栽)」や「Kokedama(苔玉)」がたくさん!
日本の盆栽職人が見たら驚くこと間違いなしのペルー式のボンサイは、自由奔放で一見の価値ありですよ。
 
 
PE_20150915_07.JPG
お天気のいい日には、それこそ終日過ごしたくなるデダロのカフェ。
お気に入りの一冊を持ち込んで、午後のひとときをゆっくりとお過ごしください。
 
 
★Dédalo Arte y Artesanía/デダロ・アルテ・イ・アルテサニア★
住所:Paseo Sáenz Peña 295, Barranco - Lima
電話:(01)652-5400
営業時間:月~土曜/10:00~20:00 日曜/11:00~19:00

現地記者:
原田慶子

ペルー・リマ在住ライター。
ペルーの観光情報からエコやグルメの話題などを幅広く執筆。
ペルーに関する情報誌等の取材協力。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。