89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ペルー

ペルー在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ペルー・アチャマル村から香り高いコーヒーを 「カフェ・オルキデア」

北回帰線と南回帰線の間、いわゆる「コーヒーベルト」と呼ばれるエリアに位置するペルー。
全国24州のうち10州でコーヒー栽培が行われており、世界有数のコーヒー産出国としても知られています。
リマ新市街には世界的なコーヒーのチェーン店や、オーナーの個性が光るおしゃれなカフェが次々開店。
ペルー産の美味しいコーヒーが気軽に味わえるようにようになってきました。


ところで、ペルーのオーガニックコーヒーを世界に広めようと頑張っている日本人のことはご存知ですか?
その人の名は高橋克彦さん。昨年12月に日本のTV番組で紹介されたばかりなので、ご記憶の方もいらっしゃるでしょう。
ペルー共和国アマゾナス州のロドリゲス・メンドーサ郡、チリモト地区のアチャマル村。
高橋さんは、リマから飛行機とバスを乗り継いでおよそ30時間かかるこの小さな村で、オーガニック・コーヒーを栽培しています。
アチャマル村はアンデス山脈東側の裾野、標高1500mに位置しています。
土地は肥沃で雨量も多く、朝晩の気温差が大きいため、良質のコーヒー豆を育てるにはぴったりの土地柄なのだそうです。


PE_20150315_01.JPG
アチャマル村に最も近い町メンドーサを出発し、車に揺られること3時間。
緑豊かな山々に覆われたアチャマル村が見えてきました。


PE_20150315_02.JPG
牧歌的な風景が広がるアチャマル村。
人口約300人の、小さな小さな村です。


PE_20150315_03.JPG
アチャマル村を始め、近隣の村々にはコーヒー栽培を生業とする人達が暮らしています。
巨大資本が投下されたハワイやブラジルなどと違い、ペルーのコーヒー栽培はほとんどが個人によるもの。
家族総出で細々と営んでいる場合が多く、栽培から収穫、乾燥、選別作業まですべてが手作業です。


PE_20150315_04.JPG
高橋さんのコーヒー「Café Orquídea(カフェ・オルキデア)」は、香りのよさとフルーツのような甘酸っぱさ、そしてすっきりとした後味が特徴。
「コーヒーの酸味は苦手」という方もいますが、この酸味がさっぱりとした後味を生む秘密なのだそうです。
もちろん、鮮度が落ちて酸化してしまったコーヒーのあの嫌な酸味とはまったく違うので、ご心配なく。
アメリカンで入れてもちゃんと香りが立つ、上質のコーヒー豆です。


PE_20150315_05.JPG
普段はアチャマル村にいる高橋さんですが、リマのオフィスで会うことができました。
高橋さんは今年、アチャマル村周辺のコーヒー農家110家を集めて「APRYSA」というコーヒー生産者組合を立ち上げたそうです。
高品質なコーヒー豆の安定供給と村人の生活向上が目的とのこと、ぜひとも応援していきたいですね。


PE_20150315_06.JPG
笑顔がとっても可愛い、アチャマル村の子どもたち。
アチャマル村を含む周辺の村々は大変貧しく、コーヒー栽培だけではやって行けず、村を出る人も少なくありません。
貧しさ故、小学校にすら通えなくなる子どもも・・・高橋さんのコーヒービジネスは、そうした村人たちの大きな支えとなっています。


PE_20150315_07.JPG
高橋さんに「美味しいコーヒーを入れるコツは?」と訊ねたところ、「豆(粉)の鮮度と、粉の量ですね」と教えてくれました。
コーヒーは湿気を嫌うので、粉なら冷蔵庫で保存、豆の場合は1回分ずつ小分けして冷凍したほうがよいとのこと。
粉の粒度(粒の大きさ)や焙煎にもよりますが、お湯180~200㏄に対して粉は10g。
ドリップの場合濃さは容易に調整できますが、コーヒーメーカーだと蒸らし時間が少なく比較的あっさりと仕上がってしまうので、粉の量が特に重要なのだそうです。
またコーヒーメーカーの場合、コーヒーが入ったらすぐ保温スイッチを消すこと。
長時間保温すると雑味が出てしまうので、再度温める場合は電子レンジをお使いくださいとのことでした。


高橋さんのコーヒーは日本でも人気が高まっており、彼の豆を扱うコーヒー専門店も増えてきました。
でも、ペルーに来られたならぜひ現地で!
前回ご紹介したバランコ区の「ポルティコ」、プエブロ・リブレ区の「ポコ・ア・ポコ」のようなお土産屋さんの他、
リマ市内のスーパーマーケット「Wong/ウォン」、ミラフローレス区とバランコ区のスーパー「Metro/メトロ」でも取り扱っています。
プエブロ・リブレ区にある高橋さんのお店で、直接購入することも可能。
わざわざ足を運んでくれたお客様への感謝を込めて、お買い得価格で提供しているそうです。
また、店内ではエスプレッソやアメリカン、カプチーノを1杯1.5~3ソレス(約60~120円)で味わうことができます。
今時、リマでこれだけ美味しいコーヒーをこんなに安く飲める場所は他にありませんよ!


★Café Orquídea/高橋さんのコーヒー・カフェ・オルキデア★
住所:Psj. San Juan Carlos 186 San Miguel - Lima
電話:+51-1-460-8147
営業時間:月~土/9:00~17:00 (日曜休)

現地記者:
原田慶子

ペルー・リマ在住ライター。
ペルーの観光情報からエコやグルメの話題などを幅広く執筆。
ペルーに関する情報誌等の取材協力。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。