アルパカと触れ合える織物の城「アワナカンチャ」

|ペルー海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

ペルー

2013年5月20日
カテゴリー:中南米 | ペルー

アルパカと触れ合える織物の城「アワナカンチャ」

最近、旅行者の間で注目を集めているクスコ郊外の「Awana Kancha/アワナカンチャ」。
ケチュア語で「織物の城」と名付けられたこの施設は、その名の通りアンデス伝統の織物と、
アンデスが生んだ貴重なラクダ科動物への知識を深めてもらうことを目的に設立されました。
国立南米ラクダ科動物協議会の支援のもと、クスコ近郊に暮らす14のコミュニティ・約420家族が
アワナカンチャの運営に協力しており、紡績から染色、織りに至るすべての工程を見学することができます。
またリャマやアルパカ、グアナコ、そしてビクーニャといった動物たちとの触れ合いも人気の秘密。
彼らにエサをやったり、そのふわふわの毛に触ることもできます。


PE_20130515_01.JPG


ベージュ色の壁と藁ぶき屋根が可愛らしい「アワナカンチャ」。


PE_20130515_02.JPG


昔ながらの腰機(こしばた)を器用に操って見事な布を織る地元の女性。
見本も指示書もなく、代々受け継がれてきた技術と経験だけで仕上げていきます。


PE_20130515_03.JPG


天然染料の素がずらり勢ぞろい。
さまざまな野草や木の蔓、鉱物、コチニール(カイガラムシの一種)などを使って、
獣毛を多彩な色に染め上げていく先住民の知識には驚くばかりです。
化学染料では再現できない深い色合いが魅力的ですね。


PE_20130515_04.JPG


ビクーニャの追い込み猟「Chaku/チャク」の様子を再現した模型。
中央には、棒で追い込まれたビクーニャがたくさん集まっています。
右上にはチャクを指導する皇帝と従者たち、その下には人々を鼓舞する楽団、
また右下には捕獲したビクーニャの毛を狩る人々、中央手前には炊事をする女性たちがいます。
インカ時代に行われていたという伝統行事チャクはスペイン支配以降途絶えていましたが、
1990年代に復活し、現在では国内にいくつかあるビクーニャ保護区で行われるようになりました。


PE_20130515_05.JPG


アルパカよりももっと細くしなやかな毛を持つビクーニャ。
インカ時代には「神の毛」と呼ばれ、皇帝自らが管理していたと言われています。
本当に柔らかそうな毛であることが、遠目にもわかります。


PE_20130515_06.JPG


母リャマとその赤ちゃん。ミルクをいっぱい飲んで、元気に育って欲しいですね。


PE_20130515_07.JPG


漆黒の大きな瞳にじっと見つめられると、思わずどきっとしてしまいます。
アルパカもリャマも、その豊かな表情が人気の秘密でしょうか。


アワナカンチャではここで実際に織られた一点物の貴重な織物のほか、
さまざまなニット商品や土産物が売られています。
織物の値段はそう安くはありませんが、手間のかかる工程を見学した後なら、
その価値を十分理解することができるでしょう。
お気に入りの商品が見つからなかった場合にも、幾ばくかのドネーションを。
アワナカンチャは無料公開されていますが、彼らの文化と生活を守っていくためには
観光客からの支援が不可欠です。
人々の優しい気持ちが、この「織物の城」の運営を支えているのです。


★Awana Kancha/アワナカンチャ★
場所:クスコから23㎞、クスコとピサックを結ぶ街道沿いにある。
クスコからバスで約40分、ピサックからはバスで約15分。
開園時間:8:00~17:00
電話:+51-84-203-287



ペルー行きのツアーをお探しの方はこちらから
ペルー行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:原田慶子
リマを拠点にフリーランスライターとして多方面にて活躍中。
ウェブサイト:http://www.keikoharada.com/
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
この記事へのトラックバック

阪急交通社 【 アルパカと触れ合える織物の城「アワナカンチャ」】

媒体名: 阪急交通社 海外現地生情報 北米・中南米作品名: アルパカと触れ合える織物の城「アワナカンチャ」内容:  クスコ観光の新名所...  [続きを読む]
トラックバック時刻 : 2013年5月28日 00:14    送信元 : Works
織物の城 アワナカンチャ

5月27日(月) 阪急交通社・海外現地生情報に 「アルパカと触れ合える織物の城『アワナカンチャ』」が掲載されました。2年ほど前に訪れたアワナカンチャ。ちょ...  [続きを読む]
トラックバック時刻 : 2013年5月28日 10:18    送信元 : ペルー片道切符

阪急交通社のペルー旅行 ツアーのご紹介

ペルー旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
中南米格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
中南米
エクアドル
ベネズエラ
アルゼンチン
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アルパカと触れ合える織物の城「アワナカンチャ」|ペルー海外現地情報ブログ|阪急交通社