世界遺産 ナスカの地上絵

|ペルー海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

ペルー

2012年9月 5日
カテゴリー:中南米 | ペルー

世界遺産 ナスカの地上絵

ペルーの大動脈、パンアメリカンハイウェイを車で南下することおよそ7時間。
車窓から見る砂一色の景色に、「不毛の大地」という言葉が頭をよぎります。
この果てしなく続く砂漠に位置する小都市ナスカと、その北側を流れるインヘニオ川の間にあるのが
あの有名な「ナスカの地上絵」です。
砂の大地に忽然と現れる不思議な直線や動植物たちの絵は、インカ帝国が興る1000年以上も前、
紀元前100年~紀元後700年のナスカ文化の人々によって描かれました。


PE_20120901_01.jpg

パンアメリカンハイウェイを一路南へ。


ナスカの地上絵は隣接するフマナ平原の地上絵と合わせ、1994年に
「Líneas y geoglifos de Nazca y de Pampas de Jumana (ナスカとフマナ平原の地上絵)」として
世界文化遺産に登録されました。
地上絵見学のフライトにはナスカの他、イカやピスコからも参加できます。


その絵はあまりに大きく、地上からは存在すら確認することができません。
「古代人にこんな巨大な絵が描けるわけがない!」とあなどっていたからでしょうか、
かつては「宇宙人作成説」など、突拍子もない説が唱えられたこともありました。
しかしさまざまな調査が進んだ現在では、こうした大きな図柄も
杭とロープがあれば比較的簡単に描けることが分かってきました。
大地という名の広大なキャンバスに描かれた巨大なアート、ナスカの地上絵。
世界中の人々を魅了する、まさに人類の遺産です。


PE_20120901_02.jpg

小高い丘の斜面に描かれた人物像。
以前は「宇宙人」や「宇宙飛行士」とされていましたが、
現在はその目の大きさから「フクロウ人間」と呼ばれています。


PE_20120901_03.jpg

こちらもかつては「イヌ」とされていましたが、
現在はペルー海岸部に生息する「キツネ」だと考えられています。
キツネは畑を荒らすネズミを捕らえることから、農作物を守る神聖な動物と見なされていました。


PE_20120901_04.jpg

ナスカの地上絵を代表する「ハチドリ」の地上絵。
一体だれがこれほど美しいデザインを生みだしたのでしょうか。


PE_20120901_05.jpg

長い尾をくるりと丸めた姿が印象的な「サル」。
手の内に何を抱えようとしているのでしょう、そんな想像もまた楽しいものです。
当時この地方にサルは生息していませんでした。
アマゾン地方との交易を連想させる興味深い絵です。


PE_20120901_06.jpg

「クモ」の足の中で、1本だけ長く伸びているものがあります。
これは生殖器で、子孫繁栄の願いが込められているのではと考えられています。


ナスカ周辺は年間降水量10mm以下という乾燥地帯。
そんなカラカラの大地だったからこそ、地表の小石を左右に押しやっただけのわずかな線が、
2000年もの間消えずに残されてきました。
しかし実際に上空から見る地上絵は、その遥かなる時の流れをまるで感じさせません。
いきいきと描かれた動物たち、三角や台形を組み合わせた不思議な幾何学模様、
そしてどこまでも伸びるまっすぐな線。
セスナの小窓から眺める地上絵は、私たちを壮大なロマンとミステリーの世界へと誘います。


PE_20120901_07.jpg

ドイツ人数学者マリア・ライヘが調査のために建てた展望台。
砂漠を吹き抜ける風に乗せ、古代ナスカ人の祈りの声が聞こえてくるかもしれません。



ペルー行きのツアーをお探しの方はこちらから
ペルー行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:原田慶子
リマを拠点にフリーランスライターとして多方面にて活躍中。
ウェブサイト:http://www.keikoharada.com/
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
この記事へのトラックバック

阪急交通社 【世界遺産 ナスカの地上絵】

媒体名:阪急交通社 海外現地生情報 北米・中南米作品名:世界遺産 ナスカの地上絵内容:一度は訪れたいペルーの世界遺産...  [続きを読む]
トラックバック時刻 : 2012年9月15日 03:53    送信元 : Works
ナスカの地上絵

9月14日(金) 阪急交通社・海外現地生情報に「世界遺産 ナスカの地上絵」が掲載されました!もう説明など不要でしょう。あまりに定番すぎて、いつご紹介するか...  [続きを読む]
トラックバック時刻 : 2012年9月15日 10:30    送信元 : ペルー片道切符

阪急交通社のペルー旅行 ツアーのご紹介

ペルー旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
中南米格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
中南米
エクアドル
ベネズエラ
アルゼンチン
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

世界遺産 ナスカの地上絵|ペルー海外現地情報ブログ|阪急交通社