89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

メキシコ

メキシコ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

自分好みの香りが見つかる。メキシコの香水工房へ!

日本人の中には、香水はあまりつけないという人も多いのではないでしょうか。それを知ったら、メキシコ人はとても驚くはず!メキシコでは香水はエチケットの一つで、男女問わずどんな人からも良い香りが漂ってくるんです。(時に香りがキツすぎることもあります・・・)

 

メキシコ人がまとっている香水は何もブランドものばかりではありません。街中に「ペルフメリア(Perfumería)」というオリジナルの香水が作れる専門店が多数存在しているので、いろいろな香水を持ち、時間帯や気分によって使い分けているのです。

 

グアナファト州を旅行した際にも、香水の小さな工房を見つけました!レンガ作りの可愛らしい建物の中に入ると、中央にさまざまな商品がディスプレイされていました。

MX_20170402_01.jpg.JPG

MX_20170402_02.jpg.JPG

 

ここでは、香りが調合されたオリジナルの香水が売られています。一つ一つ名前や番号がついていて、それぞれ香りが異なります。小さいものは250円程度、大きめのボトルでも700円程度です!

MX_20170402_03.jpg.JPG

 

手作りの石鹸もありましたよ。ユニークな「耳」の形の石鹸が気になります・・・。

手前にあるのは「ハローキティ」ですね。文具や雑貨コーナーでもよく目にするほど、メキシコでも人気のキャラクターなんです。

MX_20170402_04.jpg.JPG

 

香水はこちらで手作りしているとのこと。実験室のような道具がずらりと並んでいて、わくわくする空間でした。

MX_20170402_05.jpg.JPG

MX_20170402_06.jpg.JPG

 

微妙に違う香りを嗅ぎ分けて、ビビッとくるものを選ぶのは何とも楽しい作業。私も一緒にいた友人も、気に入った香水をお土産に購入しました。

 

持ち歩きに便利な大きさですし、手軽な値段で買えるのが嬉しいですよね。

ただし同じ香りでも、湿度の多い日本では香りが強く、重たく感じられます。乾燥地帯のメキシコシティで香水を購入するときには心に留めておいてくださいね。

 

現地記者:
鴨下ゆかり

メキシコ在住のフリーライター。ヨガインストラクター。
旅行、カフェ巡り、お酒が大好き!

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。