変貌中のピカデリー・サーカス周辺

|イギリス海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

イギリス

2014年1月11日
カテゴリー:ヨーロッパ | イギリス

変貌中のピカデリー・サーカス周辺

ロンドン観光の要所、ピカデリー・サーカス。
今、この有名な広場の周辺地域が、ものすごい勢いで変化しています。
 
UK_20140102_01.JPG
 
下の写真で、鉄格子に囲まれ、封鎖されている物々しい一角は、
ピカデリー・サーカスから、リージェント・ストリートをほんの数秒南下したところで出くわす光景。
壮麗な建物なのですが、現在、中はただの空きビルです。
つい最近までは、日本の三越デパートや、日本食材店のジャパン・センターなどが入っていました。
去年の秋にはテナントがすべて退出し、現在は一大改築計画が進められているところです。
 
UK_20140102_02.JPG
 
ちなみに、ロンドン三越は残念ながら34年の歴史に幕を閉じ、閉店となってしまいました。
移転先を検討中ということでしたが、2014年1月現在、再オープンの話は聞こえてきません。
ジャパン・センターはピカデリー・サーカスの北側に移転して、現在も営業を続けています。
 
UK_20140102_03.JPG
 
道を挟んだ向かい側、リージェント・ストリートの南端、1番地でも
同じような修復工事の現場が目に飛び込んできます。
実はこの一帯、セント・ジェームスと呼ばれる地区では、そこに存在する建物の半数近くが
「クラウン・エステート」という会社の管理下におかれています。
どういうことかというと、同社の管理する土地や建物はすなわち、英国王室の資産ということなのです。
 
UK_20140102_04.JPG
 
2011年、クラウン・エステート社では5億ポンドの巨額を投じた、
セント・ジェームズ地区の再開発プログラムを始動。
Redefining Refined(直訳すれば、「格調高さの再定義」といったところ)を合言葉に、
伝統とモダンさの融合された街づくりを推し進めているところなのです。
ピカデリー周辺で、このエメラルド・グリーンとサファイアの中間のような色の看板を見かけたら、
その建物も、同プロジェクトの一環で、近々優雅に生まれ変わるのだろうなと想像してみてください。
 
UK_20140102_05.JPG
 
そして、ピカデリー・サーカスからオックスフォード・サーカスへと、
ゆるやかなカーブを描いて北西に伸びていくリージェント・ストリートも、
同様にすべての土地と建物がクラウン・エステート社によって管理されています。
こちらは前述のセント・ジェームズ地区のプログラムとは別に、
10年以上前から開発事業が続けられており、その投資額は10億ボンドに及ぶのだとか!
元々有名なショッピング・ストリートではありましたが、
確かに最近、どんどん全体的なゴージャス度が上がっている気がします。
 
UK_20140102_06.JPG
 
ピカデリー・サーカスの「裏」といった感じのエリア、グラスハウス・ストリート周辺も、
少し前までの薄暗い雰囲気からは想像もつかないような、
清潔でおしゃれな通りへと生まれ変わりました。
ピカデリー・サーカスの真正面でよく目立つBoots(大手ドラッグストア・チェーン店)と、
そのお隣のバークレイズ銀行のわきから、左手に入っていく細い路地の辺りです。
本当にこの付近、見違えるような風景になりました。
あまりに小洒落てしまい、ちょっと寂しい感じもしますが、
これもそのうち見慣れた景色になるのだろうなと思いつつ、街の変化に付き合っていくことにします。
 
 
イギリス行きのツアーをお探しの方はこちらから
イギリス行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:ハル・リーチ
音楽、映画・演劇・TV、サッカーなど、UKカルチャーをこよなく愛す。
2001年よりロンドン在住。
以来、会社員&ものかき業を継続中。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社のイギリス旅行 ツアーのご紹介

イギリス旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
イギリス格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

変貌中のピカデリー・サーカス周辺|イギリス海外現地情報ブログ|阪急交通社