89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

スイス

スイス在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

「熊」、「お馬さん」、「アルプスの眺め」―スイスのレストランの名前

代表的な名前やその意味、全国的に一番多い名前、地域によって特徴的な名前やスイスのレストランに付けられている名前に見られる興味深い傾向をご紹介。
 
スイスの街中には、ハンバーガーやサンドイッチなどのいわゆるファーストフード店とコーヒーショップを除くと、チェーン経営のレストランというものが基本的には存在しない。大手のスーパーマーケットが母体のレストランはあるが、これらのレストランはスーパーマーケットの店舗に併設されているのが前提で、外からのパッと見ではわからないことも多い。ベルンやバーゼル、チューリッヒなどの大きな都市では、数年前からいくつかの企業が日本食(寿司、ラーメン)レストランのチェーン展開をしているが、これは例外的なケースで、店舗数も現段階では計10店程度(テイクアウト専門店を含む)だ。
 
このような事情なので、スイスにあるレストランの90パーセント以上は個人経営によるものだ。この「レストラン」とは、要はゆったりと着席して暖かい食事が食べられる飲食店(セルフサービス式も含む)のことで、必ずしもRestaurant(レストラン)と表記されている訳ではないのが特徴。Gasthof(ガストホフ)とかGasthaus(ガストハオス)という場合もあるし、Wirtschaft(ウィァトシャフト)と書かれていることもある。宿泊も提供している―というか、宿泊できる施設には基本的に必ずレストランがある―場合はHotel&Restaurant(もしくは単にHotel)となる。
 
こんな個人経営が主体のスイスのレストランだが、その名前には特徴的で興味深い傾向がある。都市部には個性的で洒落た名前のレストランももちろんあるが、一般的なレストランの大半には自然や動物やシンボルにまつわる一定の名称が付けられている。つまり、チェーン展開でも姉妹店でもないのに、同じ名前を持つレストランが全国各地に多数存在しているのだ。
スイスで最も多いレストランの名称はRössli(ロスリ、「お馬さん」)で、私の手元にある統計によると、レストラン「お馬さん」亭はスイス全土に290件もあるとのこと。次に多いのがKreuz(クロイツ、「十字」)で271件、第3位のLöwen(レーウェン、「獅子・ライオン」)は236件だ。これら以降は、Sternen(シュテルネン、「星」)230件、Post(ポスト、「郵便局」)227件、Sonne(ゾンネ、「太陽」)203件、Hirschen(ヒルシェン、「牡鹿」)196件、Krone(クローネ、「王冠」)171件、Bären(ベーレン、「熊」)168件となっている。
SW_20170701_01.jpg
(ホテル&レストラン「王冠」亭の前で談笑するカーニバルの参加者たち)
 
ランキング上位に挙がっている名前が付いたレストランはスイス全土の各地で見られるが、地域によってその頻度にばらつきがある名前もある。好例が「熊」亭で、この名前はベルン州では「お馬さん」亭を押しのけ、もっとも多いレストランの名前になっている(ベルン州には「熊」亭が86件もあり、「お馬さん」亭は62件)。ベルン州は歴史的に熊と大変深い関係があり、また州章にも熊があしらわれているので、馬よりも熊の方が身近で親近感がある存在なのかもしれない。翻って私が住んでいるスイス東部のトゥールガウ州には、「お馬さん」亭は15件あるが、「熊」亭はたったの4件しかない。ちなみに、トゥールガウ州で一番多いレストランの名前はOchsen(オクセン、「牡牛」)で、その数何と23件。「牡牛」亭はスイスの北東部地方で好まれている名前で、スイス西部ではかなり稀だ(ベルン州には「牡牛」亭は5件しかない)。この他にスイス東部で特徴的な名前はSchäfli(シェーフリ、「羊ちゃん」)で、これは他の地域では滅多にお目にかかることがないのが面白い。
その他にも、湖の景色が有名な州ではSee(ゼー、そのまま「湖」)という名前が多かったり、ワイン農業が盛んな地域ではTraube(トラウベ、「ぶどう」)やRebstock(レーブシュトック、「ぶどうの木」)、美しい眺めで知られる地域ではPanorama(パノラマ)やBellevue(ベルビュー、フランス語で「美しい景色」)やAlpenblick(アルペンブリック、「アルプスの眺め」)というレストランがよく見られる。例えば、マッジョーレ湖やルガーノ湖で知られるスイス南部のティチーノ州にはイタリア語で「湖」を意味するLagoという名前が付いたレストランが16件もあるし、雄大なアルプスの眺めが特徴のベルン州には「アルプスの眺め」亭が12件ある。ちなみに、ティチーノ州では動物の名前が付いたレストランは全部で5件しかなく大変稀だが、その代わりに「郵便局」亭(Posta)が34件もある。
 
レストランには日本のような派手なサインはないが、外壁に名前を象徴する・もしくは名前を模った飾り看板が付いていることが多い。
SW_20170701_02.jpg
(鉄枠の装飾も素敵な、「太陽」亭の飾り看板)
 
街歩きの途中にレストランを見つけたら、食事はもちろん、その名前や飾り看板にもちょっと注目してみて頂きたい。

現地記者:
Asami AMMANN-HONDA

スイス東部トゥールガウ州の農村在住。
元書店員、現在は兼業主婦(介護補助士&日本語教師&日独英通訳)。
趣味はスポーツ・園芸・料理、専門は音響映像技術。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。