89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

スウェーデン

スウェーデンの現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

無料博物館や買い物!中央駅周辺で観光合間や雨宿りにおすすめの2スポット

午前中は晴れていたのに午後は大雨&暴風だったり、旅行中に急な悪天候に見舞われることも残念ながらありますよね。大雨で庭園散策や屋外での移動を断念せざるを得なかったり観光の予定が狂ってしまうもの。

今回は大雨が降ってきても大丈夫!ストックホルム中央駅近くの観光合間や気軽に入れるおすすめのスポットを紹介します。

まずはストックホルム中央駅から徒歩約10分のMedelhavsmuseet (地中海博物館)。ここでは主に古代エジプト、キプロス、古代ローマ・ギリシャ文明に関する貴重な遺品や資料を展示しています。

SWD_20170602_01.JPG

 

圧巻の埴輪!

SWD_20170602_02.jpg

実はストックホルムのMedelhavsmuseetはキプロス国外で最も多くキプロス関連遺品を所蔵しているそうです。

 

古代エジプトの展示コーナーへ。

SWD_20170602_03.jpg

ヒエログリフの展示では、来館者自らがヒエログリフで自分の名前や単語を作ってみることが可能。また、古代エジプト人の髪型のカツラを被ることができたり体験型展示も多いため子供も飽きずに楽しめます。

 

各展示階にはエレベーターも設置されており、ベビーカーや車椅子利用者も気兼ねなく利用出来ます。

SWD_20170602_04.jpg

 

貴重な古代エジプトの資料がずらり。豪華な金製品も多数展示されていました。

SWD_20170602_05.jpg

 

企画展では「シリアからの物語」が開催中。紛争のイメージがあるシリアですが展示スペースは平和で穏やかな空間です。

SWD_20170602_06.jpg

SWD_20170602_07.jpg

SWD_20170602_08.jpg

シリアからスウェーデンに移住してきた人によるそれぞれの忘れられないエピソードやメッセージが思い出の品と共に展示されていました。

 

館内は地下1階から地上2階建てで、1階は4つのテーマに分かれた常設展示室と企画展、そしてミュージアムショップがあります。

SWD_20170602_09.jpg

2階はカフェや会議室そして図書館があり子供からご高齢者まで充実した時間を過ごせます。

そして地下1階にはミーラが展示されていたりと、入場料無料にも関わらず豊富な展示内容で興味深かったです。

Medelhavsmuseet周辺にはダンス博物館(Dansmuseet)、王立芸術アカデミー(Konstakademien)など展示内容が豪華で豊富なのにも関わらず入場料無料になった博物館・美術館があります。中央駅周辺で時間に余裕があれば立ち寄る価値があると思います。

 

ちなみに駅や博物館内にあるミュージアムマップを入手すると便利ですよ!

SWD_20170602_10.jpg

 

そして次に向かったのが、「H&M HOME Pop Up Store」。

地下鉄ストックホルム中央駅(T-Centralen)出口目の前にあるので雨天時でも移動がとっても楽。

SWD_20170602_11.JPG

日本でも大人気のスウェーデン発のファッションブランドで、オンライン上では日本でもインテリアや小物を購入出来るようですが、本場のストックホルムにはH&Mのインテリアショップがあるのです。

 

ショーウィンドーもお洒落でインテリア専門店のような雰囲気。イケアよりも上品で品質にこだわっている印象を受けました。

SWD_20170602_12.JPG

ストックホルムの「H&M HOME Pop Up Store」は同じ通り(Drottninggatan)で隣接して2軒あるので、何度も行き来してお気に入りの商品を見つけることが出来ると思います。

カーテンやクッションやタオル、ベッドリネンそしてバスルームやキッチンの小物や生活用品まで豊富な品揃え!

 

この日はセール中で多くの買い物客で賑わっていました。

SWD_20170602_13.JPG

SWD_20170602_14.JPG

定番な北欧デザインだけではなくアジアンテイストな柄も多く、日本へのお土産も見つけられそう。

 

中央駅周辺で急に雨が降りだしても入場料無料の博物館や天候を気にせず楽しめるスポットで、限られた時間を有意義に過ごしたいものです。

市立図書館やデザインショップなど他にもたくさんありますが、今回は中央駅周辺から徒歩で行けるスポットを紹介しました。

現地記者:
KANAE.T

10代で北欧に興味を持ちはじめ、縁あって2014年にスウェーデンへ移住。東京と真逆の環境に戸惑いながらもスウェーデン人パートナーとスローライフ満喫中。現在は、美しい自然が豊富なダーラナ地方でスウェーデン語の学校に通う。
趣味:動植物のイラストを描く事。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。