89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

スウェーデン

スウェーデンの現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

小さな街の人気&老舗カフェ

3月下旬からスウェーデンでもサマータイムがスタート。日照時間も長くなり夜7時頃まで明るく、日増しに春らしい景色に。スーパーなどの売り場もポスク(スウェーデン語で「イースター」の意味)関連グッズが最近まで売られていました!

SWD_20170402_01.JPG

SWD_20170402_02.JPG

 

さて、今回は小さな街の人気カフェを紹介します。

 

ストックホルムから電車で約2時間。400年前の建物が多く残るSäter市の中心部に位置する「Bollie Cafe」。周囲には小さいですが市庁舎、図書館や眼鏡屋、そしてホテルがあります。

SWD_20170402_03.JPG

SWD_20170402_04.JPG

SWD_20170402_05.JPG

 

歴史を感じさせる外観ですが、店内はスタイリッシュな内装。

SWD_20170402_06.JPG

SWD_20170402_07.JPG

 

週末になると家族連れから若者、そして年配の方まで幅広い年齢層で賑わいます。居心地の良い空間で、厳選した食材とこだわりのオリジナルレシピでランチから軽食、ディナーまで提供。割と手頃な価格なのも人気の理由です。

SWD_20170402_08.JPG

 

カフェの奥には選りすぐりのオーガニック製品(L:A BRUKETなど)、雑貨や食器等が売られており、食事を楽しんだ後に買い物も気軽に楽しめます。なんと、クリスマスの後など年に数回雑貨品の50%~70%セールがあるのでその時が狙い目かと思います。

 

週ごとに変わるランチメニューも大好評。この日注文したのはランチメニュー「ポークバーガーセット」。85クローナ(約1,000円)でボリューム満点でした!

SWD_20170402_09.JPG

 

どんなに沢山食べてもデザートは別腹!お待ちかねのデザートは冬季限定のセムラを注文。お洒落なカップ類は雑貨コーナーで買うことも可能。

SWD_20170402_10.JPG

 

ドリンクはセルフサービスなのでコーヒーのマグカップは自分で好きな柄を選ぶことが出来ます。ちなみに手前に写っている私が選んだマグカップは、オリエンタルなデザインで人気のCult Design Swedenによるもの。お気に入りの北欧雑貨に囲まれながらコーヒータイムを満喫しました。

 

店員さんもとても明るくフレンドリーなので、アットホームな雰囲気でゆっくりと食事や軽食を満喫したい方にはおすすめの穴場スポットです。

 

 

 

Bollie Café, Säter
住所:Storgatan 4 78330 Säter Sweden
電話:076-886 50 00
営業時間: (月~金)10:00〜17:00、(土)10:00~15:00、(日)12:00~16:00
※臨時休業の可能性あり
フェイスブック:https://www.facebook.com/bolliecafeochbutik/
インスタグラム:https://www.instagram.com/bolliecafebutik/

現地記者:
KANAE.T

10代で北欧に興味を持ちはじめ、縁あって2014年にスウェーデンへ移住。東京と真逆の環境に戸惑いながらもスウェーデン人パートナーとスローライフ満喫中。現在は、美しい自然が豊富なダーラナ地方でスウェーデン語の学校に通う。
趣味:動植物のイラストを描く事。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。