スペイン人ローマ法王とボルジア家

|スペイン海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

スペイン

2013年2月28日
カテゴリー:ヨーロッパ | スペイン

スペイン人ローマ法王とボルジア家

 

ローマ法王ベネディクト16世が退位を発表されましたね。カトリック教徒の多いスペインでは、

次の法王は誰になるかと話題になっています。オランダ出身だったハドリアヌス6世(在位1522~

1523年)以降、1978年に即位したポーランド出身の前法王ヨハネ・パウロ2世までは4世紀半に渡って

イタリア人の法王が続きました。さて、ここで質問です。歴史上スペイン出身の法王は何人いたでしょう?

 

正解は2人、もしくは3人です。

 

スペイン人として最初に法王の座についたのは、アラゴン王国の貴族出身のベネディクトゥス13世。

1394年のことですが、ちょうどカトリック教会大分裂の時期で、ベネディクトゥス13世はアヴィニョンで

選出された対立法王でした。1417年に廃位が決定した後はスペインに戻り、現在のカステジョン県にある

地中海に面したペニスコラのお城で余生を過ごしそうです。本人は亡くなるまで正当な法王だと言い張っていたとか。こんな背景があるもので、正式なローマ法王としてカウントしていいものかどうか、

素人の私にはよくわかりません。

 

SP_20130301_01.JPG

<対立教皇ベネディクトゥス13世が余生を過ごしたペニスコラ>

 

1455年に即位したカリストゥス3世と1492年に即位したアレクサンデル6世は、ともにバレンシアの出身。

2人とも、もともとはアラゴン王国が出自のボルハ家の出です。

 

カリストゥス3世が生まれたのは1378年、バレンシアから約70km南に下ったカナルスという町

(※当時はハティバ領)。町の外れに生家跡と、その向かいに洗礼を受けたとされる教会があります。

幼い頃、後に聖人に列せられるビセンテ・フェレールに「この子は将来法王になる」と予言されたという

言い伝えがあり、教会の壁画にもなっています。ちなみに、そのビセンテ・フェレールを列聖したのは

カリストゥス3世だったそうです(^^;)

 

SP_20130301_02.JPG

<カリストゥス3世の生家跡の向かいにある小さな教会。ここで洗礼を受けたと言われている>

 

SP_20130301_03.JPG

<聖ビセンテ・フェレールと幼少時のカリストゥス3世>

 

アレクサンデル6世はカリストゥス3世の甥にあたり、1431年にハティバに生を受けました。

ハティバには当時の面影はまったくない生家跡(修復を重ね、今も住居として使用されています)と、

そこから3分ほど歩いたところに洗礼を受けた教会があります。残念なことに、アレクサンデル6世は

史上最悪の法王として名を馳せています。というのも、聖職者にも関わらず野心家で金の亡者、

おまけに好色家で数人の女性との間に子供をもうけていたのです。

 

SP_20130301_04.jpg

<悪名高いアレクサンデル6世>

 

SP_20130301_05.JPG

<アレクサンデル6世が洗礼を受けたサン・ペドロ教会>

 

子供のひとりがルネサンス期にイタリア中を戦ってまわった、かの有名なチェーザレ・ボルジア

(スペイン語ではセサル・ボルハ)です。マキャヴェッリが『君主論』の中で理想的な君主と評した

ことで知られていますね。チェーザレはローマ生まれですが、16歳の時にイタリアにいながらにして

バレンシア大司教の座に就任し、その後もスペインの教会や大聖堂の聖職に就いています。没落後は

スペインのチンチージャやメディナ・デル・カンポのお城に幽閉され、31歳の若さでスペイン北部

当時のナバーラ王国で戦死しました。ボルハ(ボルジア)家は秘蔵の毒薬“カンタレラ”で邪魔者を

次々と消した、という逸話も残っていますね。権力をほしいままにしたアレクサンデル6世も病魔には

勝てず、熱病にかかり亡くなったそうです。

 

日本ではあまり知られていないボルハ(ボルジア)家ですが、ヨーロッパでは映画やドラマ、

小説の題材になっています。チェーザレと同腹の妹ルクレツィア(2人は近親相姦の関係にあったと

言われていますが、証拠はありません)は、父と兄の命令で3度も政略結婚をさせられた悲劇の女性と

伝えられており、古くは19世紀に「ルクレツィア・ボルジア」という歌劇が作られています。

日本語だと、塩野七生の歴史小説『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』や惣領冬実の漫画

『チェーザレ 破壊の創造者』(週刊モーニングで不定期連載中)を読むと面白いですよ。

 

SP_20130301_06.jpg

 

SP_20130301_07.jpg

 

ハティバには町の大きさにそぐわない大きな教会があるのですが、これもボルハ家の力だったのでしょう。

この教会の正面には、カリストゥス3世とアレクサンデル6世の銅像が立っています。

 

SP_20130301_08.JPG

 

さあ、次にスペインから法王が出るのはいつのことか・・・。

 

スペイン行きのツアーをお探しの方はこちらから
スペイン行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:mamasita
1996年スペインにひとめぼれ。以後何度も渡西し、
2002年春に長年の夢がかなってスペインで就職。
現在はバレンシア郊外に住む高齢ママ兼なんでも屋。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社のスペイン旅行 ツアーのご紹介

スペイン旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
スペイン格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

スペイン人ローマ法王とボルジア家|スペイン海外現地情報ブログ|阪急交通社