89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ポーランド

ポーランドの現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

見どころ満載の古都クラクフを1日で楽しむ!

見どころ満載の古都クラクフを1日で楽しむ!

 

夏の観光シーズン!今回はポーランドの古都クラクフの見どころを1日で効率的に回るコースをご紹介します。

PO_001.jpg

クラクフは第二次世界大戦の戦火を逃れ、中世の街並みがそのまま残っている美しい街で、”ポーランドの京都”とも呼ばれています。

旧市街は世界遺産にも登録されており、観光名所もたくさんありますが、比較的コンパクトな街なので徒歩でも1日で観光することが可能です。

 

それでは、早速、クラクフ中央駅から出発しましょう!

Kraków Główny(クラクフ中央駅)

PO_002.jpg

 

まずは、駅から西へ約400m行くと、広場があります。

plac Jana Matejki(ヤナ マテイキ広場)

PO_003.jpg

 

道を挟んだ向かいにある、茶色のレンガ造りの建物が

Barbakan(バルバカン)

15世紀に造られた円形の砦で、ヨーロッパに数ヶ所しかなく、クラクフのものは最大規模といわれています。

PO_004.jpg

 

バルバカンの正面には

Brama Floriańska(フロリアンスカ門)

昔はぐるりと城壁で囲まれていた旧市街ですが、現在残っているのはここだけ。

壁沿いには絵画の露店が並んでいます。

PO_005.jpg

 

旧市街に入ったらUl.Floriańska(フロリアンスカ通り)を進みます。

PO_006.jpg

 

カフェ、レストラン、お土産屋などお店が立ち並ぶ賑やかな通りを350m程進む

Rynek Główny(中央広場)です。

約4万㎡の広さはヨーロッパ最大規模!

PO_007.jpg

PO_008.jpg

 

Kościół Mariacki(聖マリア教会)

13世紀に建てられたゴシック様式の教会で、木造の聖壇は国宝に指定されています。

毎正時、塔から吹き鳴らされるラッパの音(ヘイナウ)も必見!

4月~10月まではこの塔に登って見学することもできます。ここからの眺めは最高。

PO_009.jpg

 

広場の中央にあるのがSukiennice(織物会館)

14世紀に建てられ、布地の取引が行われていた場所が、現在は1階部分にはお土産屋が立ち並び、2階部分は国立美術館、地下は博物館になっています。

PO_010.jpg

 

観光用の馬車で優雅に観光することもできます。

中央広場にはレストラン、カフェが軒を連ね、夏場は(最近は一年中のところも)テラス席も用意されるので、美しい景色を楽しみながらお茶や食事を楽しむのは、まさに至福のとき。

PO_011.jpg

 

さて、次は中央広場から続くUl.Grodzka(グロツカ通り)を通ってヴァヴェル城を目指しましょう!

こちらも賑やかな通りです。

PO_012.jpg

 

約450m歩いてKościół pw. św. Andrzeja(聖アンドリュース教会)まで来たら、

向かいの広場を通って、クラクフで最も古く美しい道といわれる

Ul. Kanonicza(カノニチャ通り)を200m程進みます。

もうヴァヴェル城が目の前に見えてきました!

PO_013.jpg

PO_014.jpg

PO_015.jpg

 

Zamek Królewski na Wawelu(ヴァヴェル城)

歴代のポーランド王が暮らした城です。

PO_016.jpg

 

ヴァヴェル大聖堂、旧王宮、竜の洞窟など見所が多く、各施設それぞれチケットが必要です。期間限定だったり入場制限があったりするのでご注意を!

建物内に入らず散策のみなら無料です。

帰りは反対側の道か、竜の洞窟を下って、ヴィスワ川沿いに出てカジミエシュ地区を目指しましょう!

PO_017.jpg

PO_018.jpg

 

ポーランド人は散歩が大好き。

ヴィスワ川沿いを、ゆったりのんびり歩くのも気持ちがいいものです。

夏場は両岸で日焼けを楽しむ人達もたくさんいます!

PO_019.jpg

 

遊覧船も出ているので、時間があればTyniec(ティニエツ修道院)への観光もおススメです。

約1.5km歩いて、この橋が見えたら上に上がってみましょう。

PO_020.jpg

 

この橋(Kładka Ojca Bernatka)は恋人たちが南京錠をかけ、パリのセーヌ川の橋のようになっています。

橋の左側がカジミエシュ地区。ユダヤ人街です。

PO_021.jpg

PO_022.jpg

 

ユダヤ教会、ユダヤ博物館、シンドラー博物館、ユダヤ料理レストランなどがあるのはもちろんですが、

近年は、若いアーティスト達が集まりオシャレなお店がどんどん増えてきています。

カフェ、レストラン、バーも多く、夜も賑やか。

PO_023.jpg

PO_024.jpg

 

ノビ広場でポーランドのファストフードZapiekanka(ザピエカンカ)を食べるのもお忘れなく!

PO_025.jpg

PO_026.jpg

 

今回紹介したコースは5km弱。

トラムやタクシーを使うのも良いですが、街並みを楽しみながら、可愛いお店に入ってみたり、素敵なカフェでお茶をしたりと、寄り道しながら歩くと、意外と歩けてしまうもの。

石畳が多いのでスニーカーかフラットシューズは必須です!

是非、古都クラクフの街歩きを楽しんでみてください!

 

現地記者:
EliilE

結婚を機に2010年よりポーランド、クラクフ在住。
文化の違いや言葉の壁にぶつかりながらも子育奮闘中!
趣味はカフェ巡りと旅行。
まだまだ知られていないポーランドの魅力をお伝えします!

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。