スウェーデン総選挙

|北欧海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

北欧

2014年8月29日
カテゴリー:ヨーロッパ | 北欧

スウェーデン総選挙

スウェーデンの4年に一度に行われる総選挙の投票日が9月14日と近づいています。
各党のスローガンの書かれた選挙ポスターがいろいろなところに貼られています。
地下鉄の出口をでたところで!
 
 
SWD140901_1.jpg
 
 
バスを待っていても、ふと気が付くと目の前には、 選挙ポスターが目に留まります。
 
SWD140901_2.jpg
 
SWD140901_3.jpg
 
 
選挙について、日本とのいくつかの相違点を探してみました。
スウェーデンでは、選挙権があるのは、ヨーロッパの多くの国と同じく18歳以上です。
小学生から政党について学校の授業で学び、早くから政治への関心を芽生えさせているように感じます。
一院制で議席の数は、349席。
選挙運動については、とても静かで、選挙用の宣伝車もなく、テレビなどの討論番組があり、新聞に政策が掲載されます。 国民が指示する政党を選ぶ比例代表選挙です。
また、私のようなスウェーデン在住の外国人も地方議会選挙での選挙権、被選挙権が与えられています。
 
SWD140901_4.jpg
 
この方は、アニー・ロウブさん、中央党の党首です。(1983年生まれ)
若い女性ですね。こちらでは、政治家の多くは40代、50代の政治家は高齢で、65歳以上の国会議員は、2%だそうです。 議員の服装もわりとラフな感じで、普段は別の職業についている人が多いそうです。
 
 
また、投票率が高く 85~90%の投票率です。投票率から分かるように、スウェーデンの人々は、政治への関心が高いです。
高福祉高負担といわれるスウェーデンですが、最近では移民問題、教育の問題、若者の就職難などたくさんの問題があります。
 
 
SWD140901_5.jpg
 
この方がスウェーデンのフレドリック・ラインフェルト首相。(1965年生まれ)
8年続いている穏健党を中心とした連立与党がが引き続き政権を握るか、社会民主労働党が政権を取り返すのか、9月14日の投票の結果はどのようになるのか、注目です。
 
 
スウェーデン行きのツアーをお探しの方はこちらから
スウェーデン行きの航空券をお探しの方はこちらから

=================================================================
現地記者、H
2003年スウェーデン移住。ストッホルムで旅行企画、ガイドの会社
を起業、スウェーデンの自然、文化をこよなく愛しています。
http://www.lingontravel.se/
=================================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社の北欧旅行 ツアーのご紹介

北欧旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
ヨーロッパ格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

スウェーデン総選挙|北欧海外現地情報ブログ|阪急交通社