89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

アイルランド

アイルランド在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ベルファストのクリスマス・マーケット 2016

このブログで2014年にもご紹介しましたが、久しぶりにベルファストのクリスマス&クリスマス・マーケットを覗いてきましたので、2016年版としてご紹介したいと思います。

 

今年は11月19日から12月22日まで毎日開かれていました。

 

同僚が、今年のベルファストのクリスマス・マーケットはBigger and Betterだと言っていたので期待して行きました。場所はベルファストのシティー・ホール。毎年こちらで開かれます。

IRE_201701_01.jpg.JPG

 

 

Bigger and Betterだと同僚が言っていた理由ですが、いつもはシティー・ホールの敷地内にだけ出店していたお店が、今年は外の歩道にまで出店していたからです。

IRE_201701_02.jpg.JPG

 

 

月曜日のお昼に訪れたため、週末よりもぐっと人が少なく、子供たちが学校に行っている時間でもあるので、メリーゴーランドなどが全く動いておらず、少し残念でした。

IRE_201701_03.jpg.JPG

 

 

とは言え、早くからクリスマス休みに入った人や観光客で賑わっていました。

IRE_201701_04.jpg.JPG

IRE_201701_05.jpg.JPG

 

 

出店していたお店は2014年に訪れた時とあまり変わりはありませんでした。しかし、やはりこの時期にクリスマス・マーケットに訪れ、たくさんのお店を見ながら歩くのはとても楽しいものです。

 

ちょっと怖い木彫りのクマが売っていたり、

IRE_201701_06.jpg.JPG

 

 

オランダのクリスマスグッズのお店も出ていました。

IRE_201701_07.jpg.JPG

 

 

クリスマスジャンパーやアクセサリーも売っていました。小さい子供が色鮮やかなセーターを着たらとてもかわいいでしょうね。

IRE_201701_08.jpg.JPG

 

 

暖かそうですね。ハスキー犬のぬいぐるみがかわいいですね。

IRE_201701_09.jpg.JPG

他にもアクセサリーや素敵な香りの石鹸なども売っていました。クリスマス・マーケットの楽しみはショッピングだけではありません。マーケットに来るもう一つの楽しみと言えば食べ物です。普段街では見かけないお店がたくさん出ているので、つい立ち寄ってすべて食べたくなってしまいます。ダイエットはどこへやらです。

 

 

こちらのお店はカンガルーのお肉のバーガー屋さんです。再度夕方に訪れた時には人だかりができていました。

IRE_201701_10.jpg.JPG

 

 

こちらはイタリアのお菓子を売るお店。お店のイタリア人のお兄さんたちがCiao!(チャオ)と一生懸命店の前を歩く人々に声掛けをしていました。

IRE_201701_11.jpg.JPG

 

 

フランス菓子のお店のメレンゲです。色と大きさに目を奪われてしまいました。

IRE_201701_12.jpg.JPG

 

 

同じお店ではおいしそうなお菓子がたくさん売っていました。自分で好きなだけ取って、お金を払うシステムになっていました。

IRE_201701_13.jpg.JPG

 

 

山のように積まれたスイーツ。見ているだけで口の中が甘ったるくなりました。

IRE_201701_14.jpg.JPG

 

 

ロウソクのように見えますが・・・実はチョコレートです。

IRE_201701_15.jpg.JPG

 

 

サラミの山!まとめ買いをするとお安くなります。

IRE_201701_16.jpg.JPG

 

 

その隣ではソーセージを焼いていました。ドイツのソーセージのお店です。

IRE_201701_17.jpg.JPG

 

 

こちらのお店は大変人気があり、たくさんの人が買っていました。普段あまり肉を食べないようにしている私ですが、匂いにつられて買ってしまいました。同僚もこのお店で食べるように私に薦めていたのもありますが。

 

ブラートヴルスト、スモークしたもの、そしてチリ味の3種類が売っていました。同僚はスモークかチリ味を薦めていましたが、私は定番のブラートヴルストを。一つ5ポンドでした。ユーロに換算すると約5ユーロ80セント、日本円で約720円。(12月27日現在の為替レート)オニオンチップス(玉ねぎを揚げたもの)を乗せてもらいますが、ケチャップやマスタードは好きなだけかけられます。残念ながらパンはいまいちでしたが、ソーセージはとても美味しかったです。さすがドイツのソーセージ!

IRE_201701_18.jpg.JPG

 

 

他にもクレープや小さいオランダのパンケーキ、パエリア、チャイニーズヌードル、ギリシャの食べ物を売るお店も出ていて、何を食べようか迷ってしまいました。お店だけではなく、場内にはパブが2か所設けられており、たくさんの人で賑わっていました。

 

2015年は約110万人訪れたベルファストのクリスマス・マーケット。2016年はそれ以上の人々が訪れているようでした。最近、ベルファストは景気がよくなってきており、街はたくさんの買い物客で賑わっていました。2014年に来た時よりも、買い物袋を提げて街を歩く人たちが増えているように感じました。空き店舗が目立っていた一昨年までとはうって変わって、イギリス本土資本の新しいお店がたくさんオープンしており、小さなロンドンという雰囲気が増していました。

 

Bigger and Betterになっていた2016年のベルファストのクリスマス・マーケット。期待通りでした。きっと来年はもっとBigger and Betterになっていることでしょう。

 

 

クリスマスの時期にアイルランドに遊びに来た方は、ちょっと足を延ばしてベルファストを訪れてみてはいかがでしょうか?ベルファストの方がクリスマスマーケットのお蔭でクリスマスの雰囲気があります。(昨年はダブリンにはこういったクリスマス・マーケットは存在しませんでした)週末は昼間でも大変混み合いますので、平日がお勧めです。午後4時くらいからシティーホールがライトアップするので大変綺麗です。いい写真が必ず撮れるので夕方行くことをお勧めします。

IRE_201701_19.jpg.JPG

 

Belfast Christmas Market

Belfast City Hall
Donegal Square,
Belfast
Northern Ireland

 

年度によって開催日が違いますので、下のサイトでお確かめください。

http://www.christmasmarkets.com/individual-christmas-market/belfast-christmas-market-2/

https://www.facebook.com/BelfastXmasMark/

現地記者:
ティファニー・カイリー

1999年よりダブリン在住の独身・アラフォー・会社員。
おばかな?アイルランド生活日記ブログはこちらでやってます。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。