冬の風物詩-ビューリーズ・オリエンタル・カフェ(Bewley's Oriental Café)

|アイルランド海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

アイルランド

2014年1月 7日
カテゴリー:ヨーロッパ | アイルランド

冬の風物詩-ビューリーズ・オリエンタル・カフェ(Bewley's Oriental Café)

前回もダブリンで有名なカフェをご紹介しましたが、今回ご紹介するカフェもダブリンでは大変有名です。

 

このカフェはガイドブックにも載っているので知っている方もたくさんみえるでしょう。ビューリーズ・オリエンタル・カフェ(Bewley’s Oriental Café )です。

 

IRE_20140101_01.jpg

 

1835年、紅茶のトレードビジネスを始め、その後1940年には紅茶とコーヒーの小売を始めたビューリーズ・ファミリー。

 

1894年にはダブリン南にあるSouth Great George Street, Dublin2(サウス・グレート・ジョージ・ストリート)にカフェをオープン。1896年にはオコンネル・ブリッジを北から南に渡ってすぐの道、Westmorland Street, Dublin 2(ウェストモーランド・ストリート)にもカフェをオープンさせ、ダブリンの顔となりました。

 

1927年には3店舗目になるカフェをGrafton Street (グラフトン・ストリート)にオープン。こちらのデザインはパリやウィーンのカフェのイメージを起用。それだけではなく、エジプトの建築様式も用いられ作られています。理由は1922年のツタンカーメンのお墓の発見の影響を受けています。ですからお店の名前が「オリエンタル・カフェ」なのですね。

 

IRE_20140101_02.jpg

 

そしてこのカフェの建築費用は当時60,000ポンド。現在のお金に換算すると、15ミリオンユーロというから驚きです。

 

 

しかし2004年、経営困難に陥り、3店舗とも閉店という悲劇に見舞われました。ダブリンの人たちにとってはダブリンの顔でもあったビューリーズ・カフェが一度にすべて閉店というニュースはショック以外の何者でもありませんでした。

 

幸運なことに、翌年グラフトン・ストリートの店舗のみ再度オープン。ダブリンの顔を取り戻し、現在に至ります。

 

そんなカフェ。毎年クリスマスの時期になると、カフェの右側のテーブルを移動し、ちょっとしたクリスマス展示をしてくれます。

 

おととしは、Paddy Campbell(パディー・キャンベル)さんというダブリン出身でイタリア在住の彫刻家の作品で、家でクリスマスを過ごす家族の様子を再現したドールハウスでした。

 

しかし去年は別の作家の作品で、クリスマスを全く感じさせない展示で残念だったのです。

 

しかし今年はおととし同様Paddy Campbell(パディー・キャンベル)さんの作品です。復活です!

 

IRE_20140101_03.jpg

 

ドールハウス好きにはたまらないこの展示。よく見るとこのカフェの店内の様子かなり細かく再現されています。

 

IRE_20140101_04.jpg

 

IRE_20140101_05.jpg

 

子供たちもうれしそうです。大人はやはりオレンジジュースではなくビューリーズのコーヒーですね。

 

IRE_20140101_06.jpg

 

このカフェの3階にはシアターがあり、期間限定で彼によって作られたドールハウスが数個見ることができます。入場は無料です。

 

そのうちの一つがイタリアの列車の車内の様子を再現したこちらです。一緒に見に行ったイタリア人の友達が喜んでいました。

 

IRE_20140101_07.jpg

 

IRE_20140101_08.jpg

 

その横では子供たちがドールズ作りを一生懸命学んでいました。

 

IRE_20140101_09.jpg

 

ダブリン、冬の風物詩、ビューリーズ・オリエンタル・カフェのクリスマス展示。

 

来年はどんな展示をしてくれるのか、クリスマスが終わったばかりですが今からとても楽しみです。

 

IRE_20140101_10.jpg

 

 

Bewleys Oriental Café

78/79 Grafton Street

Dublin 2

営業時間:月曜-水曜 午前8時~午後10時

     木曜-土曜 午前8時~午後11時

     日曜    午前9時~午後10時

http://bewleys.com/bewleys-grafton-street-cafe



アイルランド行きのツアーをお探しの方はこちらから
アイルランド行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:ティファニー・カイリー
1999年よりダブリン在住の独身・アラフォー・会社員。
おばかな?アイルランド生活日記ブログはこちらでやってます。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社のアイルランド旅行 ツアーのご紹介

アイルランド旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
ヨーロッパ格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

冬の風物詩-ビューリーズ・オリエンタル・カフェ(Bewley's Oriental Café)|アイルランド海外現地情報ブログ|阪急交通社