89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

オランダ

オランダ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

スーパーマーケットで買えるお勧めのオランダ土産

オランダのスーパーマーケットはお手頃な価格のお土産の宝庫!ダッチな色合いのパッケージやデザインが可愛いスーパーの食料品は、ばらまき土産にぴったりです。というわけで、今回はスーパーで買える定番土産やお勧めのアイテムをご紹介します。

 

NL_20160601_01.jpg

 

スーパーマーケットといえども、どこへ行ったらいいのか・・と迷った時にはここが一番!こちらはアムステルダムのど真ん中、ダム広場の王宮の裏にあるアルバート・ハインという大手スーパーです。中はかなり広いので、色々と吟味するなら数時間は必要となるかもしれません。

 

NL_20160601_02.jpg

 

世界中の観光客が同じ事を考えるのでしょう・・店内には大きな「典型的オランダ・お土産コーナー」があります。ここでストロープワーフル、ココア、チョコレートなどの定番お土産アイテムをひと揃えすることが出来ます。

 

NL_20160601_03.jpg

 

可愛らしいチューリップのチョコレートは5ユーロ50セント。

 

NL_20160601_04.jpg

 

こちらはゴーダチーズの山。チーズの国オランダさながらのサイズと重量です。

 

NL_20160601_05.jpg

 

17世紀から続くオランダの老舗菓子店ダーヴェラール社製造のクッキー、「ヨーデン・クックン」。大きくて平らなバター・クッキーで、オランダ昔ながらの味。お茶やコーヒーのお供に最適です。

 

NL_20160601_06.jpg

 

ザーンセ・スカンセの風車で挽いたマスタード。味は日本の物よりもマイルドなのでソースやドレッシングなど色々なものに使えます。マスタードの粒が口の中ではじけ、新鮮な風味が口の中に広がる逸品です。

 

NL_20160601_07.jpg

 

オランダ名物のハーゲル・スラフ。パンにバターを塗ってその上にふりかける「チョコレートふりかけ」です。オランダの子供たちはこれが大好き!

 

NL_20160601_08.jpg

 

オランダでは一家に一つは必ずあるピーナッツ・バター。オランダ人の朝食や昼食には欠かせないアイテムです。日本のものと比べるとピーナツ含有量が非常に高く(健康には純度100%のものが断然お勧めです!)、味も濃くないので、上にジャムをうす塗りしても美味。

 

NL_20160601_09.jpg

 

塩に凝る人が一杯いるのか、塩の種類も豊富です。ハーブやスパイスをミックスしたもの、レモンの皮やニンニクが入ったもの、太陽光で乾かした黒塩など、おしゃれなパッケージで売られています。サラダやスープの味付けにお勧めです。ちょっと珍しくて美味しくて、日常的に使ってもらえるお土産ですね。

 

NL_20160601_10.jpg

 

こちらはチューブ入りマヨネーズ。オランダのマヨネーズは味がマイルドでクリーミー。オランダではフレンチフライや茹でたジャガイモにもこれを付けて食べます(美味しいです)。

 

NL_20160601_11.jpg

 

そしてこれがオランダチョコレートの草分け的存在である、ドロステのココアです。パッケージがなんともオールド・ファッションで伝統的な老舗ブランドの風格を漂わせていますネ。この100%ピュアなココアは、大変コクがありまろやかで美味で、是非味わって頂きたいオランダのお土産。

 

NL_20160601_12.jpg

 

オーガニックハーブティーも種類が豊富にあります。ルイボスティーなど、日本よりも随分安いのでまとめ買いしてもいいですね。

 

NL_20160601_13.jpg

 

こちらはパンケーキの粉。日本で家族や友人に作ってあげたらきっと喜ばれるのでは。粉1パックに卵3個と800mlの牛乳をミックスし、マーガリンかオリーブオイルでフライパンで焼いて好きなトッピングを乗せたら出来上がりです。

 

NL_20160601_14.jpg

 

ついでにお土産を入れる用のパッケージやカードもスーパーで安くGETすることができます。

 

 

以上、これらの品物は大体どこのスーパーでも売っているものなので、気に入ったものがあれば是非探してみてくださいね!

現地記者:
親松恵子

自由の国オランダに魅せられ移住して、気がつけば18年。 現在は、フリーで執筆、翻訳、現地ガイド、各種コーディネーション等、何でもやっています。 傍ら自分のアート活動も楽しんでいます。

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。