89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ギリシャ

ギリシャ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ギリシャ各地の肉製品やチーズを味わうならここ!

ヨーロッパでハムやソーセージなど肉加工品のおいしい国といえば、ギリシャを思い浮かべる人はきっと少ないでしょう。
たとえばイタリアやスペインの生ハム、ドイツのソーセージのように世界的に有名なものって無い気がしますが、ギリシャにも絶品肉製品がいっぱい!
しかし残念ながら、お土産として日本への持ち込みは禁じられているし、旅行者がよく行くようなレストランでこだわりの肉製品を出しているところも多くはありません。
 
量り売りの肉製品はスーパーにもあるので、少しだけ買ってホテルで食べたりもできるけれど、質・種類ともに充実した専門店で買うのが一番。アテネでは中央市場周辺エリアのエヴリピドゥー通りに昔から変わらぬ人気の名店がいくつかあります。
ここ数年はそんな老舗店のひとつ「ミラン」が店舗を拡大したり試食イベントを開いたりとプロモーションに力を入れていて注目していますが、今春新しくオープンした「カラマンリディカ・トゥ・ファニ」は、これぞ私が求めていた店!と、大のお気に入りになってしまったメゼレストラン併設店です。
ほかのお店でもいっぱい試食はできるしラキ(グラッパのような蒸留酒)をふるまってくれたりもする太っ腹ぶりなのですが、ゆっくり腰を据えて食事をすることができるのはいいですよね。
 
GR_20141101_01.jpg.JPG
 
カラマンリディカ・トゥ・ファニは、エヴリピドゥー通りとソクラトゥス通りの角にあります。
入口に吊り下げられたニンニクと唐辛子の束が目印(と言っても、この辺は干し野菜やらを吊り下げた店ばかりなのですが)。
 
GR_20141101_02.jpg.JPG
 
中へ入ってみると、肉製品やチーズのいっぱい詰まった大きなデリカウンター。そして、その周りにテーブルが並んでいます。
 
GR_20141101_03.jpg.JPG
 
今日は軽く食べましょうということで、まずはドルマデスを(ブドウの葉に詰め物をした料理)。肉の入らないドルマデス・ヤランジです。
レストランでは結構当たりはずれのあるドルマデスですが、ここのは合格。
ちゃんと柔らかく煮えたブドウの葉に、ハーブや玉ねぎをたっぷり加えたお米が詰まっています。
 
GR_20141101_04.jpg.JPG
 
ドラマ風サラミのサラダ。
カラマンリディカで取り扱っている肉製品は北ギリシャはドラマのSary(サリー)というメーカーのものが主ですが、サラミももちろんサリーの製品。
ほかにはカヴルマス(コンビーフに少し似た肉製品)やブドウの新芽ピクルスのサラダなどもおすすめ。
 
GR_20141101_05.jpg.JPG
 
肉製品とチーズの盛り合わせは、ボリュームたっぷり。軽く食べるつもりがお腹いっぱいになってしまいました。
この盛り合わせにも含まれるものですが、パストゥルマはぜひ味わってほしいもの。アルメニア、トルコ、エジプトなどでも作られる干し肉で、フェヌグリークやガーリックの薫り高いスパイスペーストでコーティングされているのが特徴です。
盛り合わせに入っていたのはスタンダードな牛肉のパストゥルマですが、やっぱり切りたては最高。とろけるような食感とスパイスの余韻がたまりません。
通好みのラクダ肉パストゥルマなどももちろん置いているので、カウンターで選んで単品で注文するのもいいですね。
個人的にイチオシの「サルディネッラ」というモルダデッラも是非♪その辺のモルタデッラが食べられなくなりますよ。
 
冷たい肉製品ばかり食べてしまいましたが、温かいメゼもいろいろあって目移りします。
いずれもお店で取り扱っている肉製品を使っていて、シンプルながらも味わい深い料理ばかり。
 
チーズも、ギリシャ各地のおいしいものを取り揃えています。
たとえば「グラヴィエラ」という主に羊乳で作られるチーズはギリシャ全土で見られますが、その土地や生産者によって味わいはさまざま。
また、上級者向きのちょっと癖のあるチーズもいろいろあるので、ぜひ挑戦してみてください。
面白いのが、前述グラヴィエラのバリエーションで、クレタ島の「トゥルモティリ」というチーズ。山羊乳のハードチーズなのですが、山羊の毛皮に包んで熟成させることにより独特の深みのある味わいです。少し毛が混じってたり、ワイルド感もあり(笑)
 
GR_20141101_06.jpg.JPG
 
最近は魚のメゼもいくつか出していて、これもまた美味。
広報のイオアニスさんいわく「魚好きな日本の皆さんにもきっと満足していただけますよ」とのことですが、この時頼んだイワシのマリネもおいしかったです。
魚メニューにはギリシャ産うなぎ、マス、チョウザメなどの燻製、塩漬け魚などもあり、これらはパック詰めのも売られているので持ち帰りもOKです。
 
 
"Tα Καραμανλίδικα του Φάνη"(TA KARAMANLIDIKA TOU FANI)
住所:Σωκράτους 1 και Ευριπίδου 52(1 SOKRATOUS & 52 EVRIPIDOU STREET, ATHENS)
電話:(210)3254184
営業時間:月~土7:00~21:00(販売)、月~土12:00~24:00(レストラン)、日曜定休
 
※メトロ最寄り駅はモナスティラキ。中央市場の方へアシナス(Athinas)通りをまっすぐ行き、青果市場の手前の通りです。
 
 

現地記者:
アナグノストゥ直子

アテネ在住。主婦業の傍ら、ライター、リサーチャー、コーディネーターとしても活動する。
ブログ「ギリシャのごはん」にてギリシャ料理レシピやおいしい話題を発信中。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。