89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

フランス

フランス在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

あのドンペリ製造のシャンパン工場(メゾン)を見学!

フランスの誇りとも言うべきシャンパン「ドンペリ」

かの有名なシャンパン「ドンペリ」は、パリより南東150KMほど、シャンパーニュ地方の中心ランスの郊外エペルネに工場を持つ「モエ・エ・シャンドン」にて製造されています。日本では「モエシャン」の愛称で知られるもっともポピュラーなシャンパンメーカーのひとつです。

ヴーヴ・クリコ、ポメなどシャンパン工場が町中に立ち並ぶ、まさにシャンパンの街ランスよりバスに揺られること約40分、車窓には緑が鮮やかなブドウ畑が広がり、美しい村エペルネに到着します。

1_maison.jpg

まずは、ドンペリことドン・ピエール・ペリニオンの像が皆様をお出迎え。ドンペリさんはルイ14世時代にヴェネディクト派修道院にて酒蔵係を務めていた修 道士。あまりできのよくないブドウを数種ブレンドしたところ、たいへんおいしいお酒が完成し、それがシャンパンとして広まったのが始まりだそうです。

2_domperi.jpg

いよいよ宮殿のような館内に入場します。20名以上で貸切見学となりますが、今回は15名様でイケメン案内人が館内を案内してくれました。

モエ・エ・シャンドンは、創業者クロード・モエ氏によって1743年に設立されました。そして孫のジャン・レミー・モエの時代に大きく発展、その後 会社はジャン・レミーの義理の息子ピエール・ガブリエル・シャンドンに引き継がれ、社名が「モエ・エ・シャンドン」となりました。

3_claudemonet.jpg

イメージビデオの観賞後、いよいよ23kmにも及ぶ地下カーブ内に入ります。ひんやりとした空気がただよう迷路のように入り組んだカーブ内を歩いて巡ります。

4_cave1.jpg

ひんやりとした空気がただよう迷路のように入り組んだカーブ内を歩いて巡ります。

5_cave2.jpg

鉄格子の向こうには厳重に管理されたカーブも。

6_cave3.jpg

シャンパンとはシャルドネ、ピノノワール、ムニエの3種類のブドウを原料とした発泡酒ワインで、ここシャンパーニュ地方で製造されたもののみを「シャンパ ン」と呼ぶことができます。3種をブレンドしたブドウジュースに酵母を加え1次発酵させ、瓶詰をしてさらに2次発酵させます。ワインは発酵の際に出る炭酸 ガスを揮発させてから樽で熟成させますが、シャンパンは炭酸ガスを含んだまま瓶の中で熟成させるためシュワシュワが残るそうです。

7_cave4.jpg

シャンパン職人は瓶の先端を下に向けた状態で瓶底を毎日数センチずつ回転させる作業を繰り返します。そして先端にブドウのオリが溜まったところで先端だけを凍らせ破壊。内容量が減ったところにさらにジュースと酵母を加え、発酵・熟成を繰り返すそうです。

一般的なもので3~4年、ヴィンテージものになると最低9~10年は熟成させるそうです。

8_bottle.jpg

中世よりシャンパンは非常に貴重だったため、ナポレオンも遠征の際に兵士たちにシャンパンを振る舞い、士気を高めていたと言われています。その記述が残されています。

9_napoleon.jpg

カーブ内の見学が終わったら、いよいよお待ちかねの試飲コーナーへ。「ドンペリ」は残念ながら試飲の対象ではありませんが、アンペリアルを試飲させていただけます。

10_tasting.jpg

その後、ブティックでのショッピングも可能です。

11_boutique.jpg

ちょっとシャンパンの知識がついたところで、今後日本でシャンパンを口にする際うんちくを語ることができますね!

12_staff.jpg

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。