ルーマニア/日本VSルーマニア、算術比べ

|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

東欧・中欧

2014年1月28日
カテゴリー:ヨーロッパ | 東欧・中欧

ルーマニア/日本VSルーマニア、算術比べ

四則計算も日本語の授業に取り入れて~
大学でのれっきとした日本語クラス。
この日は足し算・引き算・掛け算・割り算を日本語で習いました。
「九九」もルーマニアにあります。
歌うように掛け算を覚えるのは万国共通。


_140201_01.jpg


桁数のある割り算、ちょっとやってみよう~と、
日本人のワタクシとルーマニア人の先生が黒板に向かいました。
あれ?書き方が違う==。
出題は「2520÷4」、
確かに「割って」「余って」「もう一度割って」と
計算途中で書き残す数字は同じ。
全世界共通の答えが出るのは、算術ならでは。
書き方が違うだけ。


_140201_02.jpg


数字の書き方も違います。
赤字で書いたこれは「1」。
書き始めに少し鍵をつけるのが特徴。


_140201_03.jpg


これは「7」、「1」と区別するために、短い横棒を入れます。


_140201_04.jpg


ルーマニアに来た当初、いちばん戸惑ったのは「4」の書き方。
当然「4」しかない、と思っていたら、
上の写真のような「4」もあるのです。
手書きの値札やレシートにこれが出現、
最初はまったく何を意味しているのか判りませんでした。


そのうち、食い下がって「これは4ですか?!」と尋ねるようになり、
今では尋ねなくても「4」と判読できるようになりました。
そして最近では、時々自分もこんな「4」を書いてしまいます。


日本の銀行などでこんな数字を書いたら・・・、
とても判読できないありえない数字!!


ルーマニア語で言うなら:
足し算=plus、引き算=scădere、掛け算=multiplicare、割り算=divizie




ルーマニア行きのツアーをお探しの方はこちらから
ルーマニア行きの航空券をお探しの方はこちらから



************************************************************
記者/マドモワゼル・ヒロコ
マラソン大会で出会ったパートナーはルーマニア人、
嫁いだ先は東欧の国ルーマニア。首都ブカレストでの日々をご紹介。
時々、ヨーロッパ・マラソン遠征も♪
http://blog.goo.ne.jp/mademoiselle_hiroko
************************************************************

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社の東欧・中欧旅行 ツアーのご紹介

東欧・中欧旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
ヨーロッパ格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ルーマニア/日本VSルーマニア、算術比べ|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社