ポーランド/薬に頼るその前に -ポーランドの民間療法-

|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

東欧・中欧

2014年1月27日
カテゴリー:ヨーロッパ | 東欧・中欧

ポーランド/薬に頼るその前に -ポーランドの民間療法-

PL_140201_01.jpg

今年は暖冬なのではと思われたポーランドに、ついに本格的な寒さがやってきました。
最高気温ですらマイナス気温、最低気温に至ってはマイナス15℃以下と“ポーランドらしい”厳しい冬の到来です。これまでのようにうっかり薄着で外出したら一発で体調を崩してしまいそうです。

ポーランドで体調を崩して医者にかかると、かなりの確率で抗生物質が処方されます。それが軽めの風邪であっても、です。「軽い風邪程度なら漢方薬などできるだけ身体に負担の少ない方法で治したい」と思う日本人の私としてすぐに抗生物質、というのにちょっと抵抗があるのが正直なところ。他に方法はないかと思っていたら、義母が家でできる民間療法を教えてくれました。それがなかなか興味深かったので、今回はポーランド流の体調を崩した時の対処法をご紹介しましょう。

まずは軽い風邪、のどの不調への対処法です。

 

PL_140201_02.jpg


左から、のどにいいハーブ、ビタミン剤、重層

 

コップに入っている液体は真ん中のビタミン剤を水で溶かしたものです。
ポーランドではこういった水で溶かすタイプのタブレット状のサプリメントが普及していて、手軽に飲まれています。たっぷりのお肉とジャガイモメインで、野菜は付け合せにちょっぴり、というポーランド人の食生活と日照時間の短さがサプリメント普及度を上げているのではないかと私は思っているのですが、風邪のひき始めに飲んでも効果があるそうです。

重層は料理や掃除、洗濯にも使えるお役立ちアイテムですが、その殺菌効果はのどの痛みにも効くのをご存知でしょうか?コップ1杯の水に対してティースプーン1~2杯の重層を入れよく溶かしてからうがいします。即効性があるのでオススメです。
そして写真の、のどにいいというハーブ。名前をDziewanna(ジェバンナ)といいます。なんだかイタリア人の名前みたいですが、日本では「毛蕊花(モウズイカ)」といい園芸種として親しまれているようです。薬草としては喘息や呼吸障害に効き目があるとか。
カレースプーン一杯のジェバンナコップ1杯の水とともに火にかけ、10分ほど沸騰させます。茶色い色と香りがしっかり出たら火から下ろします。

 

PL_140201_03.jpg


10分後、こんなかんじです。
まずはここから出る熱々の蒸気を吸います。
頭からタオルをかぶり、ジェバンナの小鍋を抱えこみ、口を開け、ひたすら呼吸を繰り返します。もくもく上がる水蒸気に顔中の毛穴が開いて、肌にもよさそう。そうして温度が下がったら、煮出した花を取り除いて、飲みます。味は、ウーロン茶をちょっと甘くしたような甘苦い感じです。決して美味しいものではないけれど、良薬口に苦しって言いますしね。


続いては耳の痛みに効くという植物、


PL_140201_04.jpg


ゼラニウム。


アロマオイルにも使われているゼラニウム、少量をちぎって指で押しつぶしてエキスを出して耳の穴に入れておくと痛みに効果を発揮してくれるとか。即効性は期待できないけれど、ほんのり香るバラのような匂いに癒されて、確かに症状が和らぐような気がします。

前回、風邪の予防にとホットビールの作り方を紹介しましたが、体調不良に効くお酒というのもポーランドに存在します。それがこちらです。


PL_140201_05.jpg


くるみナレフカ



ナレフカ(Nalewka)というのは、果実やハーブをアルコール度数96度のスピリタスやウォッカで漬け込んだポーランドのお酒。初夏のまだ青いくるみの実と葉をレモンの皮と一緒に漬けたこのくるみナレフカは、消化不良に効果があります。上の写真は漬け始めたばかりのもの。ひと月後にはこんなふうになります↓

 

PL_140201_06.jpg


写真右、墨のようにまっ黒に!

 

くるみの渋が溶けだしてこんな色になるそうです。味は、色からも想像できるでしょうか、かなりの苦さ。でも苦味の中に清涼感があって意外と飲みやすいのです。いちごナレフカやチェリーナレフカなど、ポーランドには美味しいナレフカがたくさんありますが、薬としての効果も期待できるこのくるみナレフカは私のお気に入りのひとつです。
 

これらのポーランドの民間療法、いくつかは日本でも取り入れることができるので、薬に頼るその前に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ポーランド行きのツアーはこちらから
ポーランド行きの航空券をお探しの方はこちらから

 

============================================================
現地記者:ogrod
2010年秋よりポーランド南西部在住。
小さな田舎町でポーランド人家族とのんびり暮しつつ、
日本とはずいぶん違うポーランドの文化、料理、言葉、人々の暮らし
をマイペースで勉強中。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社の東欧・中欧旅行 ツアーのご紹介

東欧・中欧旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
ヨーロッパ格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ポーランド/薬に頼るその前に -ポーランドの民間療法-|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社