オーストリア/ウィーンを一望するカーレンベルクの今と昔

|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

東欧・中欧

2012年3月30日
カテゴリー:ヨーロッパ | 東欧・中欧

オーストリア/ウィーンを一望するカーレンベルクの今と昔

ウィーンもそろそろ少しずつ気候が良くなり、春の足跡が近づいてきました。今日はウィーンを一望できる素敵なスポットを紹介します。ここに行けば、ドナウ川からシュテファン大聖堂、シェーンブルン宮殿まで、ウィーンの見どころを一気に網羅できますよ!


AT_20120401_1.jpg

ドナウ川を臨んで。手前はブドウ畑が広がっています。前景に見える建物はホイリゲのSirbu。


ウィーンの三方を囲むウィーンの森の中でも、北側はいくつかの低い山々が連なっています。その中でも、カーレンベルクKahlenberg、レオポルズベルクLeopoldsberg、ヌスベルクNussbergなどはウィーン人の憩いの場として週末はハイキングやホイリゲを楽しむ人たちで賑わいます。


AT_20120401_2.jpg

カーレンベルクの一番眺望のいいところに広がるテラス。手前はセルフサービスのカフェ、奥は結婚式なども催される4つ星レストラン&ホテル。天気のいい日は皆さん外でのんびり。


AT_20120401_3.jpg

レストラン/カフェのほうのテラス。日曜朝はビュッフェが楽しめます。


このカーレンベルク、ウィーンの人々に親しまれている割に、よくお隣のレオポルズベルクと取り違えられたりして、名前をうまく覚えてもらえません。理由はその名付けにあります。カーレンベルクは、元々の名前をSaubergもしくはSchweinsberg(どちらもブタ山もしくはイノシシ山の意味)といいましたが、1628年にフェルナンド2世がクロスターノイブルク修道院からこの山を譲り受けた際にJosephsbergと改名されます。

ところが、1663年にレオポルド1世がお隣の山に教会を建てた際、その山の名前がレオポルズベルクと変更になり、その山の元の名前であった「カーレンベルク」が横滑りしてSauberg/Schweinsberg/Josephsbergに割り当てられ、今に至ります。

ちなみに、カーレンベルクは「ハゲ山」という意味で、そのうっそうとした森に囲まれた見かけとは全く逆ですが、これも、元カーレンベルクであったレオポルズベルクの一部がハゲ山であったことを知ると納得できます。

ウィーン人がこの二つの山、どっちがどっちかわからなくなったら、「ホテルと礼拝堂と送電塔があるのがカーレンベルク、教会と廃墟のお城があるのがレオポルズベルク」と覚えているようです。


 

AT_20120401_7.JPG

夕陽の中のウィーン。右手に目を凝らせば、シェーンブルン宮殿のグロリエッテが見えます。


このカーレンベルク、高さは484メートルと丘程度ですが、ヨーロッパの歴史の中で重要な位置づけを持ちます。1683年の第二次ウィーン包囲により、城壁に囲まれたウィーン(現在のウィーン旧市街)は15万人のオスマントルコ軍に2カ月に渡って包囲され、中に住む市民たちは籠城を強いられていました。

その時、トルコに対してカトリックの団結を見せようと呼び掛けた皇帝レオポルド1世に応え、ポーランドからヤン3世(ヤン・ソビエスキ)が兵を率いて駆けつけ、包囲されたウィーンを見下ろすこのカーレンベルクに陣を張ります。ヤン3世はロートリンゲン公カールなどの援軍と共に9月12日の早朝、カーレンベルクを駆け下り、城壁を破ってウィーンの街へ突入する寸前だったトルコ軍を撃退します。

この事件は、イスラム世界のヨーロッパ侵略を食い止め、キリスト教世界を守ったという意味で、歴史的に大きな意味を持ちます。その300年後の1983年9月13日、当時のローマ教皇で、ヤン3世と同じポーランド人であるヨハネ・パウロ2世がこの歴史的勝利の地を訪れました。その記念展示室がこの礼拝堂にあります。


AT_20120401_5.jpg

展示室が入った礼拝堂


私が訪れた日は、ちょうどポーランド人の観光客が訪れていて、ポーランド人にとっては一種の聖地のようになっているという印象を受けました。


AT_20120401_6.JPG

ヨハネ・パウロ2世の訪問の記念碑。ドイツ語とポーランド語で記述があります。


そんな歴史に思いを馳せながらカーレンベルクのテラスからウィーンを見下ろすと、350年の歴史を遡り、ヤン3世になった気持ちで、危機に瀕したウィーンをどんな風に救い出そうかと、考え込んでしまいます。

 

AT_20120401_04.jpg

カーレンベルクの展望台からの絶景。煙突(フンデルトヴァッサー設計のごみ焼却場)の右斜め上にシュテファン大聖堂の一本の尖塔が見えます。あの辺りが旧市街。


カーレンベルクへのアクセスは、地下鉄ハイリゲンシュタット駅から38Aのバスで。ウィーンからの半日旅行にどうぞ。お隣のレオポルズベルクまでは、なだらかな道を歩いて30分ほどで、気持ちのいい散策が楽しめます。



オーストリア行きのツアーをお探しの方はこちらから
オーストリア行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:ひょろ
ウィーン在住7年。
国際機関勤務を経て、現在は子育ての傍ら、ウィーン大学博士課程に在籍中。
http://wienok.blog119.fc2.comにて、ウィーンのミュージカル情報を発信中。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社の東欧・中欧旅行 ツアーのご紹介

東欧・中欧旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
ヨーロッパ格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
ヨーロッパ
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

オーストリア/ウィーンを一望するカーレンベルクの今と昔|東欧・中欧海外現地情報ブログ|阪急交通社