89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

チェコ

チェコの現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

「神様の贈り物」といわれる町

boží dar(ボジーダール)という町に行ってきました。
日本語訳すると、「神様の贈り物」。
素敵なネーミングの町です。
西ボヘミア、chomutov(ホムトフ)より北、ドイツ国境にある町です。
自然が豊かで標高1028Mのチェコ国内で最も標高が高い町です。
徒歩圏内がドイツ、国境はすぐそこです。


00112_170702_01.jpg


ルピナスの花が真っ盛りでとても綺麗でした。
ルピナスは藤の花を逆さにしたような形状のため、逆さ藤とも呼ばれているんだとか。
この花、シュマバでも群生していたな~


00112_170702_02.jpg


実はこの町、チェコのサンタクロース(ježíšek ジェジーシェック)が住む町としても知られています。
(チェコ人はježíšek ジェジーシェックはサンタでないと言い張るのですが、私からすればサンタです。)
町から起点とした「ジェジーシェックの旅」と題されたウォーキングルートがあり、
それがまたメルヘンで癒されます。


00112_170702_03.jpg


森の中に突如として可愛い彫刻が現れるので、歩いていても楽しみ倍増。


00112_170702_04.jpg


00112_170702_05.jpg


00112_170702_06.jpg


00112_170702_07.jpg


子供向けに町のインフォセンターではクイズ形式のマップも置いてありますので、質問に答えながら地図に記されている箇所を巡るのも楽しいです。
半分の距離で約5キロ、全体を回ると約12キロの散策コースが整備されています。
木製のウォーキングトレイルも設置されていて、草原の中を気持ちいい散策ができました。


00112_170702_08.jpg


冬になるとクロスカントリーやスキーのレジャーが楽しめる場所です。
小さな町ですが、商業的過ぎず、宿泊施設や町の人もいい人ばかりで、心も体も癒されてプラハに戻りました。
まさに「神様の贈り物」という名にふさわしい町でした。
ここはまた行きたい。

現地記者:
YUYU

2005年からチェコ共和国プラハ在住のコーディネーター・フリーライター・現地ガイド。日本からの各種メディアの取材・撮影コーディネートからWEBへの執筆、現地日本語ガイドまで幅広く活動する。チェコ・プラハの現地情報を発信するブログ新チェコ生活日記http://prahalife2.exblog.jp/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。