89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ベルギー

ベルギー在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ミシェラン2つ星レストランのシェフがフリッツ屋をオープン!

開店前から話題になっていた新しいフリッツ屋「Frites Atelier(フリッツ・アトリエ)Amsterdam」が、先月アントワープにオープンしました。アントワープにあるミシュラン2つ星レストラン「The Jane」のオーナーシェフでもあるセルジオ・ハルマン氏が手がけたフリッツ専門店です。

BK_20170402_01.jpg

 

ハルマン氏はオランダ人で、オランダでミシュラン3つ星レストランのオーナーシェフでしたが、そのお店を閉じて新しいことにチャレンジすると、アントワープにあった教会を改装してレストラン The Janeをオープンし、短期間でミシュラン2つ星を獲得するという快挙を成し遂げた方です。

 

ハルマン氏は完璧主義者のようで、今回はシンプルフードのフリッツ(フライドポテト)を18か月間かけて究極まで追求したそうです。オランダには3店舗あり、年末までにはアムステルダム店もオープンするそうです。(ちなみに、店名にアムステルダムとついていますが、アムステルダムが発祥や本店ではなく、このアイディアを思いついた場所だそうです。)フリッツはベルギーが発祥で国民食とも言えるので、もちろんアントワープの地元ではこのお店がオープンする前から楽しみにしていた人も多かったことでしょう。

 

お店はフリッツ屋とは思えないほどオシャレで素敵なインテリア!

BK_20170402_02.jpg

 

メニューは鏡に書いてありました。

BK_20170402_03.jpg

 

フリッツに欠かせないのはマヨネーズソース!ベルギーではケチャップではなく、マヨネーズを付けて食べるのが普通です。このマヨネーズも、ハルマン氏のレシピで、無添加で毎日手作りされています。クラシックのマヨネーズに加え、トリュフ入りマヨネーズ、カレー風味マヨネーズ、ベアネーズ(エストラゴン入りマヨネーズ)、アンダルース(トマトペーストとコショウ入りマヨネーズ)があります。

BK_20170402_04.jpg

 

マヨネーズソースは自分でフリッツの上にかけます。

後ろに写っているのがハルマン氏です。

 

ソースがかかっていない状態のフリッツ!なんと皮がついています!

ベルギーでは通常皮付きのフリッツはほとんど見かけないのですが、皮付きにしたのはきっとハルマン氏のこだわりだと思います。油もラードなどを使わずベジタブルオイルで2度揚げしているそうです。アレルギー情報も細かくサイトに載せるほど、健康に気を遣ったフリッツの様で、それも嬉しいですね。もちろんカリカリの食感で美味しいです。

BK_20170402_05.jpg

 

マヨネーズソース以外のトッピングもあり、季節限定のキムチ&ワンタンのフリッツや、ピーナッツソース、そしてフランダース風カルボナード(ビーフシチュー)もありました。

 

店内で座って食べられるのは6席だけですが、外にはハイテーブルがあり立って食べる事もできます。ぜひ凄腕のシェフによる熱々のポテトを食べてみてください。

 

URL:http://www.fritesatelieramsterdam.com/

現地記者:
ベル通スタッフ

ベルギーに関する情報サイト『ベル通』で、観光情報・グルメ情報・イベント情報 などを発信中!
http://www.bel2.jp/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。