89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

オーストリア

オーストリアの現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

オーストリアのクリスマスツリーよもやま話

カトリックの国オーストリアでは、クリスマスに関する独特の習慣がたくさんあります。日本でお馴染みの、アメリカやフランス等の習慣とも異なりますので、最初は聞いたことのない風習に驚いたことも。
 
今回はそんなオーストリアのクリスマスツリーにまつわる習慣をご紹介します。
 
AT_20141202_1.jpg
美しいシェーンブルン宮殿のクリスマスマーケットのツリー。
 
オーストリアでは、家族で集まってプレゼントを開けたりするクリスマス本番は12月24日で、家庭ではツリーもこの日に初めて飾ってお披露目をします。
 
それに合わせて、12月中旬を過ぎると、街角や広場等では、ツリー屋さんが本物のモミの木のクリスマスツリーを売り始め、仕事帰りのお父さんが大きなツリーを担いで帰る様子があちこちで見られます。
 
AT_20141202_2.jpg
観光客もひっきりなしに通るグラーベン通りでも、ツリー屋さんは大盛況。
 
AT_20141202_3.jpg
持ち帰る時は写真にあるように、白い大きなネットに包んでもらいます。
 
クリスマスツリー用のモミの木はウィーンの森などで栽培されているので、田舎を車で通ったら、ツリー栽培の様子も見ることができます。
 
さて、本物のツリーのお値段は。。1メートル程度のもので25-30ユーロ、2メートル越えでは100ユーロはするそうです。けれど、これがなくてはクリスマスムードは盛り上がりません。多くの家庭が大人の身長を超えるくらいのツリーを毎年購入しています。
 
さて、次は、ツリーの飾りつけです。もちろん家庭によってまちまちですが、少し想像しているのとは違うかもしれません。
 
AT_20141202_4.jpg
典型的なご家庭のクリスマスツリー。オーナメントは意外に素朴です。
 
まず、絶対にオーストリアのツリーに欠かせないのは、本物のキャンドルです。専用のクリップのついたキャンドル立てにキャンドルを立て、クリスマスイブは部屋の電気を消して、このキャンドルに火をつけてクリスマスの歌を歌います。(このキャンドルの火で火事になる事故も毎年ありますが、のどに詰まっても正月に日本人が餅を食べ続けるように、この本物のキャンドルの習慣は消えることはありません)
 
そして、とても素朴で典型的なのは、わら細工と蝋細工のデコレーション。わらを星の形に組み、ツリーからつるしてキャンドルの光の下で見ると、シンプルながら星のように光って見えて幻想的です。蝋細工は、小学生くらいのお子さんの工作にピッタリ。蝋細工用の型にロウソクの蝋を溶かし入れ、星などの形にしてツリーに飾ります。
 
AT_20141202_5.jpg
わらで色々な星の形が作れます。
 
他にも、クリスマスマーケットでよく見かけるようなキラキラした玉や、クリッペ(キリスト誕生を模った模型)、ガラス細工なども取り混ぜ、それぞれの家庭の特色のあるツリーにするのが伝統です。
 
AT_20141202_6.jpg
クリスマスマーケットで売られている、キラキラのガラス細工。
 
さて、最後に、クリスマスツリーにはいつどうやってお別れを言うのでしょう?一般的にクリスマスツリーは1月6日の三聖王の祝日まで飾っておくことになっています。
 
その頃には、街の広場には「ツリー回収所」が設置され、家庭から飾りを外したツリーを集め、まとめて生ごみとして回収されます。これがまた数年後のクリスマスツリーの肥料になるのかもしれませんね。
 
それでは皆さん、素敵なクリスマスを!
 

現地記者:
ひょろ

国際機関勤務を経て、現在は二児の子育ての傍ら、ウィーン大学博士課程に在籍中。ライター業、翻訳レビュー、ネットショップ、写真撮影など、活動は多岐にわたる。
http://wienok.blog119.fc2.comにて、ウィーンのミュージカル情報を発信中。

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。