89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

ベトナム

ベトナム在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

ベトナム名物がずらり!夜の名物「ストリートフードマーケット」

VIET_20170702_01.jpg

 

「ストリートフード」といえば、外国人にとっては“屋台料理”として認知されていて、ベトナム観光の名物とみなされています。日本人の間でも「せっかく現地に来たんだから、彼らが日ごろ食べているソウルフードを食べていきたい」と思う人は少なくないでしょう。しかし、どのガイドブックを見ても必ず記載されているのが衛生面の心配です。確かに筆者も長いことベトナムに暮らしていますが、屋台料理を食べたあとにお腹を壊したことは何度かあります。せっかくの旅の思い出がホテルのトイレを往復するだけで終わってしまうのはもったいないですね。そこで、今回ご案内するスポットが「ストリートフードマーケット」。衛生面に配慮された屋台が数十軒を並べている大規模屋台街です。

 

VIET_20170702_02.jpg

 

ストリートフードマーケットは、ベンタイン市場の裏にあるトゥーコアフアン通りにある屋台街。昼間から営業していて、ご覧のように数十軒の屋台が整列しています。大半はベトナム料理を扱う店ですが、中には巻き寿司やビーフステーキ、ケバブといった世界中の料理を扱う店もうかがえます。ここで食べられるベトナム料理はドンコイ通り沿いの高級レストランで出てくるような、綺麗に盛り付けされたものとは程遠く、努めて現地人が普段食べている屋台料理の見た目を維持しています。それが旅行者には嬉しいですね。

 

 

VIET_20170702_03.jpg

 

写真上に見える竹のようなものは、実はすべてサトウキビ。東南アジアではどこでも見かける熱帯地域で栽培される砂糖の原料です。もちろんベトナムでも多数栽培されていて、サトウキビジュースは全国どこの屋台でも見ることができる王道中の王道です。ベトナムではサトウキビをカボスと一緒に絞るのが普通。カボスの柑橘系の酸味がサトウキビの甘さを優しく抑えてくれます。

VIET_20170702_04.jpg

 

こちらはチャーカーをレモングラスの茎に刺したもの。チャーカーは日本のさつま揚げのような魚のすり身を揚げた料理。主に中部中南部の海沿い地域の郷土料理ですが、全国どこでも食べることができるお手軽料理です。現地人はどちらかというと、屋台よりもスーパーで買って自宅で調理することの方が多いようです。

 

VIET_20170702_05.jpg

 

ここで買った料理はマーケット内にあるテーブル席で食べることができます。オープンエア席なので南国の風をたっぷりと感じることができます。客はほとんどが外国人観光客なので、異国情緒もたっぷりです。

 

VIET_20170702_06.jpg

 

こちらはコムスーンという最も有名な、いわゆる“皿飯(さらめし)”。ベトナムの食堂や屋台で食べられるご飯は、コムタムと呼ばれるお米を3分1程度に砕いた白飯が一般的です。その上に骨付き豚肉を添えて、ヌクチャム(ヌクマムに砂糖やニンニク、カボス汁を入れた)のタレをかけた料理となります。レストランでは食べることができない庶民派料理なので、是非食べていってください。網でじっくりと焼き上げられた豚肉は絶品です!

 

名称:ストリートフードマーケット(Street Food Market)
住所:26-28-30 Thu Khoa Huan St. Dist.1. Ho Chi Minh
営業時間:7:00~22:00

現地記者:
古川悠紀

ホーチミンに移住して自由気ままに生きています。
ライター業と取材を生活の糧にしているためベトナム全土を駆け回っています。
趣味はバドミントン!

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。