89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

タイ

タイ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

子供も大人も大感激! リーズナブルながらも学習力大!「ナショナル・サイエンス・ミュージアム」

スパに食事にショッピング!!タイ旅行の目的はいろいろありますが、意外に子供がじっくり遊びながら学習できる公共スポットが少ないのが子供連れの家族旅行にはちょっと残念なところ。ですが、今回は、な、なんと子供の入場料は無料!!大人の入場料金も50B~(各館50B、3館100THB)で1日がかりで堪能できる3つの館を保有する夏休みにはピッタリのスポット「ナショナル・サイエンス・ミュージアム」をご紹介したいと思います!

 

TL2017_07_15_01.jpg

バンコク中央部から約45分~1時間程の立地

タイ中部に位置するパトゥムターニー県に位置する「ナショナル・サイエンス・ミュージアム」。バンコクとは県が異なり「ちょっとわざわざ隣の県までは・・・・・。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、車で行けばなんと片道1時間ほど。そしてなんと、このミュージアムには「科学博物館」、「自然史博物館」、「情報技術博物館」という3つの館に分かれているので1日がかりで楽しめるプランが立てられます。ちなみに、「興味があるけど、この道のりはちょっと・・・・・。」という方には、BTSエカマイ駅から徒歩3分というバンコク中心部に「ナショナル・サイエンス・ミュージアム」のラーニングセンター(+プラネタリュウム)もあるのでこちらに足を運んでみても良いかもしれません。

 

TL2017_07_15_02.jpg

触って、見て体験して学べるスペース!

キュービック型でユニークな形をした本館、科学博物館は特にワクワクする体験ばかり。鉄筋コンクリート製の6階建て! 入館には、飲み物の持ち込みは禁止ですのでご注意を。

展示スペースはなんと、10,000㎡以上!とっても広い~~!!

重力、エネルギー、人体の科学、ロボット、科学についての歴史、エナジーロボット&人体、タイの科学の歴史についてなどなどすべて、実際に見て、触って体感できる場所ばかりで子供はもとより大人も大感激!

 

TL2017_07_15_03.jpg

宇宙について。

 

TL2017_07_15_04.jpg

手をかざすと光る怪しげな・・・・・・。

 

TL2017_07_15_05.jpg

6階に展示されているタイの歴史

 

先に予約連絡を入れておけば、様々なサエンスラボやサイエンスショー(どちらも英語可)も体験や観覧も可能なので興味がある方は是非事前に連絡をしてみてはいかがでしょうか?

2つ目の館「自然史博物館」では、生物&動物の標本採集を幅広く展示。もちろん、子供に人気の恐竜もいますよ~。

3つ目の「情報技術博物館」は、電話や無線機、映像などのテクノロジーについても学ぶことができます。

 

予想以上に広いので遅めに出発をすると1館で大満足に。また、敷地内には「NSMサイエンス・ドーム」という全93席のプラネタリウムもあるので星好きの方、時間がある方は是非お見逃しなく。

 

National Science Museum

住所: Technopolis, Soi Klong 5, Rangsit - Nakhon Nayok Rd., Khlong Ha, Khlong Luang, Pathum Thani 12120 Thailand

Tel: +662577 9999

開館: 09:00-15:00(基本無休)

現地記者:
徳武 加奈子

実はダイビングインストラクター。食、ライフスタイルを中心にライター業をこなしています。趣味はスタンダップパドル(SUP)。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。