89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

タイ

タイ在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

タイ王室の歴史をお洒落に学ぼう! ラッタナーコシン歴史展示館

バンコク旅行といえば、グルメ、スパ、ショッピング!でも、それに加えて最近、日本でじわじわと人気が集まっているのが、美術館&博物館巡りだそう。タイバンコクにも新しい充実した資料を展示する博物館が歴史観が近年多くなりました。

今回はそんな博物館の一つでタイの歴史が凝縮されている「ラッタナーコシン歴史展示館」をご紹介したいと思います。

 

TL2017_07_01_01.jpg

場所は、ラチャダムノン・クラーン通り

金色に光り輝く民主記念塔が立っている場所といえばバンコクのひとならだれでもわかるはず!意外にもバンコクで訪れたいスポットの一つカオサン通りにも意外に近いのもうれしい!ただスカイトレインの駅は近く似ない為。エントランス近くにバス停があるので、公共バスもしくは、タクシーを利用しましょう。公共バスの路線ナンバーはコチラ。No.2,3,9,1,5,31,33,42,47,59,60,64,70,79,82,86,157,201,503,509

「ラッタナーコシン」とは?

さてさて、名前にも付けられているラッタナーコシンとはいったいなんでしょう?ラッタナーコシンとは、ずばり、かつての王朝の名前。1782年~タイを収めたチャクリー王朝の別名であるとともに、人気観光スポットの一つ、ワット・プラケーオの本尊として安置されている翡翠で作られた仏陀像 エメラルド仏の名前というのをご存知の方はすくないかもしれませんね。博物館の名前からかなり歴史的な香りが漂うスポットなんですね~。

 

フロアーは全8F 11スポット

エントランスを入ると右側にチケット売り場がありますので、チケット購入。タイ人、外国人かかわらず100THB。身長が120cm以下の子供は無料です。

 

1F

エントランスを入ると実はここからガイドさんが説明してくれるのがコチラの博物館の面白いところ。ツアーはそれぞれ、20分ごとに始まりますので、ツアーがはじまるまで少々待つこともあります。(最後のツアーは17:00~)。ツアーはタイ語ですが、英語のヘッドフォンも貸してくれます~。その他1階には、タイではインターネットカフェとしても有名な”True Coffee。文房具やちょっとしたお土産を販売しているRshopもあります。帰りはここで休憩やお買いものがおすすめ!

 

2F

2Fには、ラッタナーコシン時代のライフスタイルを垣間見れる「Impressive Communities Hall」「Grandeur Rattanakosin Hall」「Renowned Ceremonies Hall」当時のコスチューム、カラフルなテキスタイルが展示されている「Graceful Architectures Hall」「The Colorful Thai Way of Living Hall」の5つのセクション。

TL2017_07_01_02.jpg

 

3F

「Sight-Seeing Highlights Halls」「Prestige of the Kingdom Hall」「Remarkable Entertainments Hall」「The Heart and Soul of the Nation Hall」

TL2017_07_01_03.jpg

 

4F

絶景ビューが撮影できる「Observation Point」

TL2017_07_01_04.jpg

 

博物館のWEBサイトとは裏腹に、キレイでお洒落、絶景ポイントも楽しめちゃう意外に穴場なスポット!バンコク、とくにカオサンエリアに訪れた際にはちょっと足と延ばして「ラッタナーコシン歴史展示館」を訪れタイについてもうちょっと深く学んでみるのもよいかもしれませんね。

 

Rattanakosin Exhibition Hall

時間:10.00 am - 19.00 pm.(最終ガイドツアー17:00~)

休館日:月曜日

住所:100 Ratcha Damnoen Klang Avenue, Bawonniwet Sub-District,

Phra Nakhon District, Bangkok 10200

Tel: 0-2621-0044  Fax: 0-2621-0043

E-mail : rtks2010@gmail.com

http://www.nitasrattanakosin.com/home.php?lang=en

現地記者:
徳武 加奈子

実はダイビングインストラクター。食、ライフスタイルを中心にライター業をこなしています。趣味はスタンダップパドル(SUP)。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。