89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

シンガポール

シンガポール在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

都市国家シンガポールで亜熱帯の大自然を満喫しよう!

みなさん、こんにちは。シンガポールブログ担当のChikaです。
シンガポールは狭い都市国家ですが、実は緑の多い国です。国立公園という名前でいたるところに緑豊かな公園を作って、現地の方の憩いの場となっています。今回はその中でも規模が大きくて自然豊かな、マングローブが密集している湿地公園のスンゲイブロー湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)をご紹介します。
観光ではツアーにも組み込まれないような玄人好みのエリアです。
 
スンゲイブロー湿地保護区はマレーシアの国境に面してる場所に位置しています。都心からタクシーで30分、亜熱帯らしい風景に出会えます。
SIN_20170601_01.JPG
SIN_20170601_02.JPG
 
オオトカゲやワニが生息してます。オオトカゲはすぐに出会えます。
SIN_20170601_03.JPG
 
ワニ注意の看板がありましたが、出会えませんでした。でも、もし出会ってたら、かなり怖いと思います。
SIN_20170601_04.JPG
 
 
自然たっぷりで、バードウオッチングのメッカでもあります。至る所にバードウオッチング用のエリアがあります。
SIN_20170601_05.JPG
 
 
マングローブが生い茂るエリアを歩きます。都心から30分とは思えないくらい、亜熱帯アジアの雰囲気です。現地の方々にとっては格好のトレッキングコースのようです。
マングローブ遊歩道入り口。ここからマングローブが群生しているエリアに入ります。
SIN_20170601_06.JPG
 
SIN_20170601_07.JPG
 
いかにも亜熱帯という感じです。
SIN_20170601_08.JPG
 
SIN_20170601_09.JPG
 
SIN_20170601_10.JPG
 
ゴールはビジターセンターです。ここからはタクシーを捕まえたり、循環バスで最寄りのMRTクランジ駅まで行けます。
SIN_20170601_11.JPG
 
マリーナベイサンズやオーチャード通りなどのお約束の観光スポットも楽しいですが、趣きを変えて、亜熱帯の自然を楽しんでみませんか?マイナスイオンを感じられますよ!
 
 
「Sungei Buloh Wetland Reserve」
301 Neo Tiew Crescent Singapore 718925
TEL:+65 6794 1401

現地記者:
Chika

2013年よりシンガポールに暮らす。ローカルフードをこよなく愛し、常に楽しい事を貪欲
に追い求める駐在員妻。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。