シンガポール国立博物館へ行こう

|シンガポール海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

シンガポール

2012年12月18日
カテゴリー:アジア | シンガポール

シンガポール国立博物館へ行こう

みなさんこんにちは。日本は楽しいお正月ですね。シンガポールは1月の終わりから2月のはじめにかけて新年を祝う旧正月が一般的なので、いまいち「お正月」ではないのですが、街はクリスマスのイルミネーションで溢れています。そういうところは日本に似ているのかも……。

 

さて、この週末も雨が続いていたので、普段よくいくピクニックなどはあきらめて、シンガポール国立博物館へ行ってみました。シティホール駅から歩いて7分ほどと、アクセスもよいです。

 

 

SIN_201212_02_01.jpg

 

 

白を貴重にした綺麗な建物の中にあり、入り口はこんな空間になっています。この日は、現代アートっぽいインスタレーションが設置してありました。かなりモダンな感覚です。

 

 

SIN_201212_02_02.jpg

 

 

展示物を観なくても、歩いてみるだけでほっとできるような広々とした吹き抜けが、個人的には気に入っています。大きなガラスと白い内装が組み合わさっているので、室内でも明るいです。1階にはおしゃれカフェもあり、時々ウエディングパーティーをやっていることも。

 

 

SIN_201212_02_03.jpg

 

 

2階の天井も、大きなガラスを使って自然光を取り入れています。丸天井のレトロな屋根との相性も抜群です。

 

 

SIN_201212_02_04.jpg

 

 

この日、私たちが観にいったのは、クオ・パオクンというシンガポール人劇作家の回顧展。でも、残念ながら、その展示物をここで掲載することはできないので、無料でカメラ撮影が禁止されていない展示室をご案内します。

 

 

SIN_201212_02_05.jpg

 

 

シンガポールの古い生活を紹介するコーナー。昔ながらの商売人が使っていた自転車とか、古びた缶、カキ氷の機械などが展示されています。展示品のチョイスや陳列の仕方に、「レトロでかわいい」が意識されていて、コンパクトですがなかなか楽しい展示室です。

 

 

SIN_201212_02_06.jpg

 

 

これなんて、どこかのカフェに並ぶ雑貨みたいですよね? プラナカン様式といわれるマレーシア由来のデザインも多く、お土産選びのヒントになるかもしれません。シンガポールらしいものが見てみたい方にはおすすめのスポットです。みなさんもぜひ、訪れてみてくださいね。



シンガポール行きのツアーをお探しの方はこちらから
シンガポール行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:ヨージク
ライター業と音楽を生活の柱に2011年からシンガポールで暮らす。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社のシンガポール旅行 ツアーのご紹介

シンガポール旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
シンガポール格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
アジア
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

シンガポール国立博物館へ行こう|シンガポール海外現地情報ブログ|阪急交通社