89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

インド

インド在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

吉祥の砂絵「コーラム」

冬休みを利用して、南インドへ旅行に行ってきました!

広大なインド、私の住んでいるところは北インドにあり、12月や1月は実は結構寒いです。

でも南インドは12月から2月の時期は、日本でいうとちょうど初夏のようなさわやかな気候。

その時期以外はかなり暑くなってしまうので、旅行するならまさに今が最高!ということで、

ベストシーズンに南インドへ行ってまいりました。

 

 

さて、南インドの町を歩いているとよく見かけるのが、店の入り口や家の玄関前に描かれている花や植物をモチーフにした砂絵やチョーク絵。

IND_20170102_01.jpg

このような美しい模様が町のあちこちに描かれており、目に入ります。

これはコーラムと呼ばれるもので、南インドのヒンドゥー教の方々が描くもの。

幸福や繁栄を呼び込み、魔除けともなるまさに吉祥の文様なのだそうです。

 

 

IND_20170102_02.jpg

チョークだけで描かれている時も砂絵が描かれている時もありますが、

基本的にコーラムとは、家の女性が家庭の繁栄を祈って毎朝描くもの。

話によると各家庭で代々伝わる吉祥模様もあるそうで、お母さんから娘さんに引き継がれていくのだそう。女の子にとっては花嫁修業の一環でもあるとのこと!

そんな深い背景があったのですね…!

 

 

IND_20170102_03.jpg

こちらはお店の前でまさにコーラムを作成中の女性。

かなり細かい作業です!

ちなみにこのコーラム、入り口にドーンと描いてあることが多いので、人が踏んでコーラムが崩れてしまうことも。

でもそれはお客様が来た、つまり神様が訪れたと考えるそうで、むしろ良いことなのだそうです。

毎朝描いて、そして散っていくコーラム。

そのはかなさも何だか魅力的ですね。

 

 

IND_20170102_04.jpg

こちらは元旦に泊まったホテルの入り口に描かれていた特大コーラム。

HAPPY NEW YEARまで描かれていて、これはスペシャルバージョンですね!

 

 

私の住んでいる町ではこのコーラム、イベントやセレモニーの会場に描かれることはありますが、

日常的に描く習慣はあまりありません。

南インドならではの伝統的な習慣のコーラム。

今回の旅行では美しいコーラムをたくさん見ることができて良かったです。

 

現地記者:
すずまむ

2001年よりインド在住。
現地の大学で日本語を教えて早10年。
通訳・ライターなどもこなしつつ、日印交流の為日々奮闘しています。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。