89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

香港

香港在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

海風を感じながらちょっと外国気分な珈琲タイム



00204_170702_01.JPG


様々な国籍の人が集まる香港ですが、欧米人の人が多いエリアというのは幾つか決まっていたりします。
生活スタイルや文化の違いも反映してか、比較的郊外を好むことが多いでしょうか。
そしてちょっとリゾート気分が味わえるような場所も人気があるようですね。
たとえば香港島なら赤柱とか、九龍サイドだと西貢などなど。
そしてそういう場所に彼らが好むようなお店が集まる、というのもある意味自然な現象なのです。


00204_170702_02.JPG


ここ西貢は不思議と平日の昼から多い欧米人の姿。
午後になると普通にカフェやバーレストランでビール片手にお喋り、という光景も目にします。
余計なお世話でしょうけどいったいどんなお仕事してるのか気になるところ。
でも大きなワンコと一緒にカフェで寛ぐひと時なんて、なんだか憧れちゃいます。


00204_170702_03.JPG


最近は幾つか高級マンションが建設され始めているここ西貢。
それでも他のエリアに比べればそれほど高層でないのが幸いでしょうか。
そう、ここは高いビルがない場所、それだけに見える空の範囲が広いんですよね。
もしここに30階とかそれ以上のビルが建とうものなら、それこそ景観が損なわれてしまいます。
香港も日本の京都のように、エリアによって制限があってもいいと思うんですけどね。
そうじゃないと本当にどこもかしこも同じような景色になってしまいますから。


00204_170702_04.JPG


西貢埠頭からさほど遠くない位置にある細いけれど賑やかな市場街 。
海鮮レストランだけでなく雑貨屋やカフェなどが多く集中する1本道なんですよ。


00204_170702_05.JPG


Little Cove


その市場街の中にある最近評判の高いカフェ。
随所で欧米の雰囲気が感じられるせいか、お客さんも外国の方が多いのが特徴。
実はオーナーが外国人の方なので、自然とそうなっていくのかもしれませんよね。


00204_170702_06.JPG


00204_170702_07.JPG


白と茶色が基調の店内。
そこにアクセントのように加わる緑、というのがこの店のコンセプトなのかもしれません。
リゾート気分が味わえる西貢にピッタリの明るい内装です。


00204_170702_08.JPG


メニューも白、茶、緑だけのシンプルさ。
でもこれが日本となると同じ色を使っても何かが違ってくるんですよね。
うん、こういう部分見ていて面白い。


00204_170702_09.JPG


その色彩に影響されたか、急に頼みたくなった抹茶ラテ。
抹茶って外国では比較的一人歩きしている和風メニューですよね。
なので日本人的には"え?これで抹茶??"と思う場面にも多々遭遇するもの。


でもこちらのは日本の抹茶を使用しているようで、しっかりとその味を感じることが出来ました。
なんとなくホッとしたりもして。


00204_170702_10.JPG


00204_170702_11.JPG


こちらで提供される朝食メニューやスイーツもどことなく外国チックなんですよ。
香港は中国語と英語の併記が多いのですが、ここは英語のみ。
まぁこういう食べ物メニューは英語のほうが全般的に分かりやすいことも多いですけどね。


00204_170702_12.JPG


海鮮の町として有名な西貢。
でもそれとは別にちょっと外国的気分を味わえる面白い場所でもあるんですよ。
普通のローカルスーパーですらその品揃えが他と違うくらいですから。
そんな風な角度でそぞろ歩くのもこれまた良し。


サイクン(西貢)いいとこ、一度はおいで


週末は快速92番バスもあるのでおすすめですよ。


西貢(Sai Kung)
MTR彩虹駅より、92番バスあるいは1Aミニバスにて。
終点西貢碼頭下車、約30-40分。

現地記者:
mangonaoko

香港人と結婚して数年、猫2匹と香港在住。現在"猫が暮らす香港"をテーマに 水彩イラストを中心に活動中。 自身のブログ"鴛鴦茶餐廳"ではイラスト作品の他、香港の生活模様なども綴っています。http://mangonaoko.exblog.jp/

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。