89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

中国

中国在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

北京も真夏日が続いています

北京も毎日真夏日で、バテしてしまいます。
そんな時に食べたくなるのはやはりアイス。台湾のある路地裏に住んでいる老夫婦が自宅で始めたデザートが発端となり、大陸でもチェーン店として名を馳せている「鮮芋仙」をご紹介します。
地下鉄が通っている範囲の北京だけでも40店舗はあります!フランチャイズなので、これからもどんどん増えると思います。
 
 
私のお気に入りはこちら。
仙草(センソウ)を煮て作った寒天状のゼリー、噛んだ時のモチモチ感が堪らないタロイモなど、のどごしが良く、甘さ控えめで、あっさりつるっと食べられます。
フレッシュミルクを少しずつかけながら食べると、コーヒーゼリーを食べているような感覚に。
ちなみに、3元(50円)で暖かい芋をトッピングしています。こちらの店での目安の単価は、ひとつ600円くらいです。
PEK_20170702_01.jpg
 
 
友達は季節限定の甘いものを頼んでいました。限定物は800円くらいします。
ピーナッツアレルギーの方はご注意ください。
PEK_20170702_02.jpg
 
 
パイナップルテイストです。抹茶もあって美味しかったです。
PEK_20170702_03.jpg
 
 
こちらは人気のいちご。
PEK_20170702_04.jpg
 
 
今回は西苑の地下鉄駅から徒歩1分の「鮮芋仙」さんにおじゃましました。
PEK_20170702_05.jpg
 
 
オーダーはこちらから。
PEK_20170702_06.jpg
 
 
綺麗にしているお店です。
PEK_20170702_07.jpg
 
 
西苑の周りは、落ち着きのあるフードコート通りとなっているので家族連れも多く、レイアウトも楽しいです。
PEK_20170702_08.jpg
 
 
夜はまた違った雰囲気を楽しめます。
PEK_20170702_09.jpg
 
 
今回ご紹介した「鮮芋仙」では半世紀以上も継承されている味が味わえます。どこの店に行ってもほぼ同じ味なので安心して食べられます。日本の味とは異なる豆腐やピーナッツなど、台湾風味をお楽しみください。一週間に一度くらいのペースで新商品が出ています。冬も暖かいぜんざいなどメニューが盛りだくさんなので、是非是非行ってみてくださいね。
 
「鮮芋仙」
頤和園路200号龍湖星悦会(会の上に草冠がついている)1階
(010)56157236

現地記者:
現地記者:A

一番難しいLet it beをモットーに、 なんとかするなんとかなるを繰り返し、 北京留学生活、すでに4年目突入です!

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。