89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

中国

中国在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

巨大フードコートショップ~JULU758~

今回は、最近巨鹿路×富民路に新しくオープンしたおしゃれエリアをご紹介します。

その名も「JULU758」。(JULUは巨鹿のピンイン、つまりJULU758とは巨鹿路758号という意味です)

SHA_20170701_01.jpg

 

いったい何があるのかというと、

LOST HEAVEN

LOST BAKERY

MORE THAN EAT

という3つの飲食店舗が入った巨大フードコートなのです。

SHA_20170701_02.jpg

 

LOST HEAVENとは、在上海外国人に人気の雲南料理レストランで、市内に数店舗構えています。このJULU758は、そのLOST HEAVEN系列のベーカリーショップLOST BAKERYと、和洋中様々な味が楽しめるフードコート&ショップMORE THAN EATが入った複合施設なのです。

入口を入ると、店内は巨大な空間と目にも鮮やかな装飾が出迎えてくれます。

SHA_20170701_03.jpg

SHA_20170701_04.jpg

SHA_20170701_05.jpg

 

フードコートですが、各店舗で注文するのではなく、席に座ってからメニュー表に希望の料理とドリンクを自分でチェックしてスタッフに渡します。料理とドリンクはスタッフが運んできてくれます。

SHA_20170701_06.jpg

 

ビールやワインは、カウンターに行って直接頼むこともできます。

SHA_20170701_07.jpg

 

また、「NICOLSON’S」というブッチャー(肉屋、本店は五原路にある)では、実際に肉を選んで好みの料理を作ってもらうこともできます。おすすめは、トリュフバーガー。98元とちょっと値がはりますが、肉汁とトリュフの組み合わせが最高の味です!(ビールに合うことといったら!)

SHA_20170701_08.jpg

SHA_20170701_09.jpg

 

珍しいところではミャンマー料理のお店。カレーを頼むとごはんと炒めもの2種がセットになってきました。野菜炒めはどちらもさっぱり優しい味で、これまた美味でした。

SHA_20170701_10.jpg

SHA_20170701_11.jpg

 

このほか、スペイン料理のタパスや日本料理などもあり、隣のLOST BAKERYでテイクアウトしたパンやケーキをフードコート内で食べることもできます。

SHA_20170701_12.jpg

SHA_20170701_13.jpg

 

そして店内には飲食店以外のお店も。

目立つのは、店内真ん中に位置するワイン&輸入食品コーナー。

スーパーほどの種類はまだありませんが、簡単な調味料やスナックは置いてあります。ワインの種類は多めで、値段もお手頃でした。

SHA_20170701_14.jpg

 

さらに隅っこには花屋もあり、その一角に自然派コスメのお店が2軒。1つは日本人が経営する「flow」というお店。化粧水やせっけん、小物まで取り揃えてあって、自分用にもちょっとしたプレゼントにも最適です。

SHA_20170701_15.jpg

SHA_20170701_16.jpg

SHA_20170701_17.jpg

 

もう1軒は、「BA YAN KA RA」という上海オリジナルブランドのオーガニックコスメのお店。高級ホテルやスパなどで使用されることが多いらしく(古北地区に店舗があるそうです)、お値段も高めでした。でもメイドイン上海と聞いたらお土産に買っていきたくなりますよね~

SHA_20170701_18.jpg

 

オマケですが、店内に珍しいはちみつを見つけました。その名も「ざくろ蜂蜜」。雲南省シャングリラにある農場で作られているんだとか。どんな味がするのか、興味あります。

SHA_20170701_19.jpg

 

以上、ご紹介してきましたが、先日再訪したときには新たにフレッシュチーズのお店も開店していました。これからも新しい店舗が参入していくのだろうと思います。ますます楽しみになりますね!

現地記者:
のじママ・のじパパ

上海在住6年目。 
街歩きと食べることが趣味。独身時代から結婚、出産、子育て生活を上海で満喫しています。ローカルな視点で日々変わる上海の街の様子をお届けします。
 

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。