89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

中国

中国在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

【前編】幻の花ブルーポピーを求めて...四川省・四姑娘山に行ってきました!

阪急交通社中部トラピックス・中国ツアー企画担当者の小池です。

6/1から四川省・四姑娘山(すうぐうにゃんさん)に行ってきました!


四姑娘山とは、、、?

東洋のアルプスと呼ばれる中国四川省2番目に高い山(ちなみに1番はミニヤコンカ)。大姑娘山、二姑娘山、三姑娘山、四姑娘山と続く4つの峰が立ち並ぶ姿が印象的で、登山家や写真家の憧れの地となっています。

 

中部発・四姑娘山ツアーはコチラ★
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_hei=20&p_course_id=RN553

 

ではでは、早速リポートいたします (^^)

 

6/1(木)

四川省の玄関口・成都を出発!2008年の四川地震で破壊された四姑娘山までの道が11年の時をかけて新たに生まれ変わりました (^^)

 

途中、臥龍パンダセンターに立ち寄ります♪ 350ヘクタールの園内にはたくさんのパンダがいます。大人パンダは一頭に一エリア提供されるようで、みんなのびのび暮らしてました (^^)

20170615_china_01.jpg

食べたり・・・

20170615_china_02.jpg

だらだらしたり・・・(笑)

 

さすがパンダの故郷、四川省。2006年に四川省のジャイアントパンダ保護区は世界遺産登録もされました!

 

さてさて、引き続き、四姑娘山へ。道中ヤギやヤクの放牧に出くわしたり・・・

20170615_china_03.jpg

高~い峠も越えていきます。

4538m最高標高 巴朗山!さすがに空気が薄い、、、でも途中キンポウゲの一種、サクラソウ、シャクナゲ、黄色ケシが咲いてました(^^)

20170615_china_04.jpg

ズームして、パチリ★水滴が幻想的な黄色ケシです。

20170615_china_05.jpg

青いケシ(ブルーポピー)はないかとキョロキョロしましたが、まだ少し時期が早い様子…(´-`)

 

そしていよいよ四姑娘山が近づいてきました。

宿泊地は標高2900m地点の日隆です。新緑の木々も多いためか、高山病の気配はなさそう(^^)明日に備えてぐっすり眠ります!

 

6/2(金)午前

今日はいいお天気!!ハイキング日和です!

四姑娘山風景区はおもに3つの峡谷があり、観光ルートが整備されております。

20170615_china_06.jpg

まずは「海子溝(かいしこう)」へ!天気が良ければ、4つの峰が一番間近に見られるルートです。木道が整備されていたり、でも、ところどころぬかるんだ道もあったりで、注意しながら進みます。馬で登山する中国人観光客の方もいらっしゃいました(ちょっとこわそう…)。

20170615_china_07.jpg

 

20170615_china_08.jpg

標高3200mの入り口から歩くこと約50分。標高3440mの斎戒坪へ到着~!

20170615_china_09.jpg

・・・見えますか!?奥に見えるのが四姑娘山です!(ゴミ箱越しで申し訳ございません…笑) 森林を抜けて、パッと開けた草原が現れるので、気分も爽快!ピクニックを楽しめそう♪

20170615_china_10.jpg

もっと四姑娘山へ近づいてみましょう!まだまだ全景を見せてくれない四姑娘山ですが、道中は新緑やツツジの花がキレイです。ここは標高3500m地点の鍋荘坪。

20170615_china_11.jpg

体力のない私ですが、ぜーぜー言いながらなんとか標高3600m地点の朝山坪まで来れました!チベット仏教ならではの仏塔とタルチョが旅情をかきたてます。

20170615_china_12.jpg

そしてついに…
やっと顔をのぞかせてくれました…(泣)四姑娘山の6250mの頂が見えました!感動の一言です。

20170615_china_13.jpg

 

20170615_china_14.jpg

ちなみにこの四姑娘山、1982年に同志社大学の山岳会が初登頂を果たしました。5025mの大姑娘山は、日本でも登山ツアーが販売されていますね。

 

来た道を戻ります。昼食後は「長坪溝(ちょうへいこう)」へ!

 

後編に続きます↓↓↓
http://blog.hankyu-travel.com/kaigai/asia/china/201706209162.php

 

※すべて担当者撮影写真
※季節や現地事情により、ツアー内容やご覧いただける景観が異なる場合がございます。

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。