89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

中国

中国在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

巷のちょっとした遊び場、陶然亭公園

地下鉄4号線「陶然亭」駅のC出口から東に歩いていくと右手に見えてきます。
潰れてしまいましたが、以前、日本の百貨店そごうがあった場所の近くです。
 
元代からあった慈悲庵に、清代に新たな東屋が造られ、白居易の詩から「陶然」と名付けられました。
現代になっては、中国各地の有名な東屋を十数個ほど体現した大きな庭もできたりと、多様な造形建築が楽しめる全体約56ヘクタールの公園です。
 
PEK_20170302_01.jpeg
公園に入ってすぐは、養老院のような風景です。
 
 
PEK_20170302_02.jpeg
定年後は公園の至る所でトランプをして遊んだり独楽を回したりおしゃべりして余生を過ごします。白熱していたおじさん達が眩しいです。
 
 
そしてこちらで有名なのが、冬の氷祭りです!スケート・スキーなど思う存分楽しめます。
ただ少し高いかなと思います。
中に入るだけでも50元の入園料が必要で、その他、遊ぶものによってその都度お金が必要になります。
ゴーカートやスライダー、アスレチックなど堪能できます。
PEK_20170302_03.jpeg
この簡易氷滑り台では、おじさん達が側にいて、減速加速調整をしてくれます。
 
 
PEK_20170302_04.jpeg
フィナーレにはなぜかベッドの家庭用マットレスが敷いてあり、とても安全です。滑り台を上る前に一回10元、現金を渡してください。
 
 
これは「凍車」と言われるもので、小さな子供も楽しめる乗り物です。
PEK_20170302_05.jpeg
氷の上で思う存分、楽しんでください☆
 
 
PEK_20170302_06.jpeg
 
公園内にある他の小さな湖も凍るので、こちらではスケートをしています。
本格的にコーチが付いていて練習していました。アイスホッケーをしているおじいちゃんもいました。
PEK_20170302_07.jpeg
 
こんなひと昔前を感じさせるようなゲームセンターもありました。日本で私が小さい頃遊んでいた機械がそのまま流れ来たようなものもあったので懐かしかったです。
二階には簡易トランポリンなどの遊び場がありました。
PEK_20170302_08.jpeg
遠出はできないけど、近場で子供たちを楽しませるにはいいスポットだと思いました!
老若男女問わずゆったりどうぞ。
 
 
陶然亭公園
朝6時から夜9時まで
チケット:大人2元、子供1元
 
北京市西城区太平街19号(護城河北岸)
電話:010-63588801、63532385

現地記者:
現地記者:A

一番難しいLet it beをモットーに、 なんとかするなんとかなるを繰り返し、 北京留学生活、すでに4年目突入です!

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。