実録!中国のいまどきの振り込め詐欺はこんなにコワい

|中国海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

中国

2014年4月21日
カテゴリー:アジア | 中国

実録!中国のいまどきの振り込め詐欺はこんなにコワい

 中国における「騙子」(中国語で詐欺師のこと)による犯罪は何も今に始まったことではないのですが、最近は日本と同様振り込め詐欺の被害が急増しています。いえ、ほんの少し前までは中国・北京に住んでいてもそんな話はやはり「他人事」に過ぎなかったのですが、最近になって実際に自分が被害に遭ってしまい、中国の「黒社会」(犯罪組織のこと)のコワさを肌で実感せざるを得ませんでした…

PEK_140402_00.jpg
(昨今の「電信詐騙」つまり振り込め詐欺の18のバリエーションを解説する、中国・網易財経のサイト)

 

 妊娠している妻を中国の病院の母親学級まで送って、自分はマクドナルドで一息していた時のことです。翌日の会議のスピーチの準備に追われていたわたしは妻がなかなか帰ってこないことをそれほど気にしていなかったのですが、やがて帰ってきた妻が珍しく興奮気味に携帯で何やら話をしています。

 

 ようやく長電話を終えた妻が言うには「ある銀行の退職した頭取」が妻の以前になくした身分証を使い「銀行の口座を開いて麻薬売買をしている」と「上海の警察」から電話があった、というのです。「あなたの身の潔白はあなた自身が晴らさなければなりません」と優しいながらも強い口調で迫られたため、現在自分が持っている口座から預金額からすべて相手に話したところ、「ではこれからその話が真実かどうか手順を踏んで確認した上で、本件におけるあなたの嫌疑を晴らしましょう」とのこと。中国では死刑に相当する麻薬絡みの犯罪のため「第三者の誰にも本件を話さずに取り調べに応じるように」と言われた身重で外国人の夫(つまりわたし)を抱えた妻は、「上海の警察」にとりあえず頼って家族のため身の潔白を晴らすしかないと結論したようでした。

 

PEK_140402_01.jpg
(身分詐称で麻薬を売買したやからがお縄になったという、中国・新京報網によるありがちな報道例)

 

 「いいかい君、銀行の預金額ぐらいは話してもいいけれど、暗証番号だけは誰にも決して教えちゃいけないんだよ!」「うん、分かってる」… 二人で戦々恐々としながら家に帰って「身の潔白を晴らす」ための「手順」を踏む準備をしている間に、妻がインターネットで「上海の警察」の電話番号が本当に上海の警察の電話番号と同一なのを確認しました。これはとりあえずあちらの言う通りしてみるしかないということで、言われるままに二人で銀行に…

 

PEK_140402_02.jpg
(「上海の警察」から「麻薬取引」に関連して「身の潔白を晴らす」ようにと言われ、指示通り近くの工商銀行に)

 

 ここで今度はわたしの携帯に「上海の警察」の別の担当者から電話があり、妻の言っている事が本当なのか確認させていただきたい、これは(法律上の)機密事項に関わることなので録音をさせていただく、万が一のため第三者に聞かれないよう人気のないところに行ってくださいと言われたため、銀行の横の人気のないところに行って半時間ほど、自分の素性や仕事のこと、果ては次回の日本出張の予定についても相手の質問に答えました…

 

PEK_140402_03.jpg
(妻の身の潔白を晴らすための証拠として「機密事項に関わる録音」をすると言われ、人気のないところに移動)

 

 後になってから妻から聞いて愕然としたのですが、「上海の警察」がわたしをそのようにして身動きが取れないようにしている間に、電話を代わった「国家金融部門の幹部」は妻に「銀行のATMからあなたの通帳の金額があなたが言った金額と相違ないかどうかを確認させてもらうので、これからATMの特別な画面から操作してください、その方法であればこちらからもロックをかけてあなたの預金にかかわる操作を(自分たちも含め)誰もできないようにしながら確認が可能」と話して英語の画面を操作させ、「第三者の誰にも見られないようにしながら」「特別な操作を開始するための暗証番号」と「ロックのかかった状態で金額の確認を許可する暗証番号」を入れてくださいと言っていたのです。

 

PEK_140402_04.jpg
(「英語の画面から銀行のATMを操作するなんて初めてだった」と妻が述懐する「特別な画面」)

 

 多くの中国人同様に英語の苦手な妻は、その「暗証番号」が相手の口座番号と振込金額であることを見抜くことができませんでした… その担当者は「確認」を終えると「上海の警察」に「録音」を終えるよう指示すると共に、出てきた明細書を「機密事項に関わるのですぐに破り捨ててください!」と念を押し、妻自らに証拠隠滅を図らせたのでした…

 

PEK_140402_05.jpg
(「暗証番号」が実は「騙子」の国外口座の番号で、振り込んだら最後まず戻ってこない)

 

 ところがこの同じ操作をもう一度妻にさせた別の「担当者」は取引明細を破り捨てるように言わなかったので、二人で家に帰ってから「これって振込だよね?」とさすがに気付き、すぐに警察に駆け込みました。警察で調書を取ってもらったものの、すべては後の祭り。これこそが中国で最近急増中の「国際的な背景のある黒社会によるネット電話と特殊ソフトを駆使した振り込み詐欺」とのことで、相手を捕まえることも銀行の口座を押さえることも、もちろん振り込まれたものを取り返すこともほぼ不可能とのこと…

 

PEK_140402_06.jpg
(手元に残った明細書にははっきりと「転帳」つまり振込の文字が)

 

 「中国は本当にどうしようもないところが多いけど、まずは(地元の)警察に(自ら出向いて)相談して。もちろんわたしたちにも」。翌日に話を聞きに立ち寄ってくれた知り合いの中国人夫婦の奥さんが妻を慰めると、そのご主人曰く「これまで何年もの間に同種の詐欺が横行している中、恐らく一千回に一人とか一万回に一人とかの確率でしか騙せない分、騙す方もいよいよ必死になり、騙し方もどんどんと洗練されている」。

 

PEK_140402_07.jpg
(北京の日本大使館に通報した際に提示された、この新手の振り込み詐欺に注意を喚起する警察からの通知)

 

 妊娠している女性が出産の準備金だと言っているそのお金をそっくりそのまま奪う中国の「騙子」の良心は一体どうなってしまっているのかと思うと共に、彼らが人を騙すために一体どれだけの時間やエネルギーを注ぎ込んでいるのかと考えると背筋が寒くなります… なんとこの「上海の警察」は厚顔にも、翌日にもわたしたちに電話をかけてきたのです。わたしはすぐさま、妻の携帯番号を変更させました。でなければ将来、一体どんな電話がかかってくるやら知れません…

 

 たとえばこんな感じなのでしょうか。「ええ、ご主人が出張中に交通事故に遭い危篤で話せませんのでご主人の携帯を使ってお電話しています。ご主人はすぐにでも手術が必要なのですが、幸い相手の公用車に乗っていたのが政府の要人で治療費を含め示談をしたいとのことです。それでこれからお話しすることは、すべて内密でお願いします」。



中国行きのツアーをお探しの方はこちらから
中国行きの航空券をお探しの方はこちらから


============================================================
現地記者:ぺきんせいかつ
IT屋として中国・北京に長期出張中。
結果、ライター業や現地コーディネーター業がいつの間にか生業に。
現地にいないと分からない中国人視点から見た中国の真相を、
日本の皆さんにお届け中。
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

阪急交通社の中国旅行 ツアーのご紹介

中国旅行 ツアー
添乗員同行ツアーや、フリープランなど、多様なプランとコースをご用意しています。
中国格安航空券
おすすめの格安航空券をご用意しています。
アジア
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

実録!中国のいまどきの振り込め詐欺はこんなにコワい|中国海外現地情報ブログ|阪急交通社