89(ハンキュー)BLOGチャンネル 世界はちょっと楽しい!-海外現地情報ブログ-

インドネシア

インドネシア在住の現地記者が各地のお祭りやイベント、ご当地グルメからおもしろスポット、生活のひとコマまでフレッシュな現地の情報をお届けします。

バリ島観光は何処に行ったらいい?

スラマッシアーン! 
 
6月に入り日本も汗ばむ陽気みたいですね。
ここバリ島は乾季なので朝、晩は涼しくなってきました。
今年は乾季だと言うのに雨がよく降ります。
 
 
さて本題のバリ島観光は何処に行ったらいい?
私もこの質問をよく受けます。ガイドブックを見るとたくさんの観光地が載っていますよね。
もちろん全部を回るなんて無理です!初バリの方だと距離感も掴めませんよね。
 
バリ島はバリヒンドゥー教の寺院がたくさんあります。お寺巡りが好きな方はそれもおすすめです。
 
海が好きな方はビーチをメインに観光するのもいいですね。
 
今回は海のないウブド地域に絞って観光スポットをご紹介したいと思います。
 
まず最初に『グヌンカウィ遺跡』
ここは10世紀~14世紀のワルマデワ王朝時代に造られた遺跡と言われています。
遺跡内には世界遺産になっている水利システムの『スバック』が見れたり、段々畑が見れたりもするので
周りの景色を楽しみながら進んで行きます。
 
BALI_20170602_01.jpg
私も写真では何度も見た事がありましたが実際目の前にするとその大きさに圧倒されました!
 
BALI_20170602_02.jpg
昔の人が1つ1つ手で彫ったのかと思うと気が遠くなります。
このような遺跡がいくつかあり、お寺や昔の人が瞑想をした場所などもあります。
グヌンカウィ遺跡は階段になっていますが上り下りが激しいので最初に観光する事をおすすめします!
 
 
続いては『ゴアガジャ寺院』
ゴアガジャとは象の洞窟という意味です。
 
BALI_20170602_03.jpg
 
こちらは11世紀に造られたと言われています。敷地内には洞窟の他にも遺跡、沐浴場もあります。
洞窟の中にも入る事が出来ます。
 
Honeyview_BALI_20170602_04.jpg
中に入るとひんやりしていて、たくさんの神様が祀られています。
僧侶達の瞑想の場としても使われていたそうです。
 
グヌンカウィ遺跡、ゴアガジャ寺院共に生理中、ケガをして出血している人は入場出来ないので気を付けて下さいね。
 
そしてもうそろそろランチの時間!
段々畑のライステラスを眺めながらのランチがおすすめです。
 
BALI_20170602_05.jpg
 
『テガララン』と呼ばれるここ一体は一面のライステラスになっています。
ライステラスの目の前にたくさんのレストランがあるのでお気に入りのお店を見つけてください。
 
BALI_20170602_06.jpg
景色は時期により変わりますがバリ島は三毛作なのでかなりの割合で綺麗なライスビューを見る事が出来ます。
 
BALI_20170602_07.jpg
 
テガラランで目もお腹も満足したらウブド市内でお買い物!
ウブド市内はオシャレな雑貨屋さんやお土産屋さんがたくさんあるのでゆっくり、じっくり歩いて散策するのがおすすめ!
疲れたらジェラート屋さんでバリならではのココナッツ味やドラゴンフルーツ味のジェラートを食べて休憩するのもいいですよ。
 
欲張って予定を詰め過ぎず、このくらいのスケジュールで観光してみてくださいね!

 

現地記者:
Mangga

2011年に初めて訪れたバリ島が忘れられず翌年は単身で長期滞在に挑戦!
ますますバリ島に魅せられその半年後には移住!
行動力と直感だけで生きているアラフォー女子。
バリ島のオススメスポット、ガイドブックには載ってない穴場スポットなどをお届けします。

 

人気のテーマ

現地情報ブログの記事は、現地在住の一般の方により執筆されています。(阪急交通社社員の作成した記事も一部含みます。)
ブログ掲載後、情報が変更になっている場合がございます。
記事内に書かれたWEBサイトへのリンクは阪急交通社が管理していないものも含みます。
掲載されている情報を活用される際は、ご自身の責任で判断していただくようお願いいたします。