バリ島に来たら1ヶ所は行って欲しい、おすすめ寺院5つ

|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

インドネシア

2014年4月30日
カテゴリー:アジア | インドネシア

バリ島に来たら1ヶ所は行って欲しい、おすすめ寺院5つ

こんにちは。
 
今日はややマニアック度が高いですが、歴女や遺跡好きの方にぜひ訪れて欲しい、バリ島のおすすめ寺院を7つ後紹介します。
 
世界でここだけの「バリ・ヒンドゥー」が根付くバリ島は「お寺の島」と言ってもいいほどそこら中に寺院があります。
その数は2000以上とも言われ、山の中腹、海の中(!)、断崖の先、コウモリの洞窟の隣まで色々、祭っている神様も色々です。
 
その中でも個人的にぜひ行ってみて欲しい寺院を5つご紹介します。
 
 
第5位・ブサキ寺院
 
bali_20140501_01.jpg
 
バリ東部にあるバリ・ヒンドゥーの総本山となる寺院。大小30もの寺院をまとめて「ブサキ寺院」と呼んでいます。
霊峰アグン山の中腹にたたずむ姿は荘厳で、伝統衣装をまとった人々が何百人も参拝している様子は思わずカメラを構えたくなるような光景です。
 
ただし、ブサキ寺院は地元のガイド以外は立ち入ることが許されていないため、ツアーガイドさんは同伴できません。
寺院中で地元ガイドにしつこく声をかけられる事もあるので、必要なければ遠慮なく「NO」と言ってください。
 
 
第4位・タマンアユン寺院
 
bali_20140501_02.jpg
 
バリ西部にある美しい庭園がある寺院。
メルと呼ばれる塔が立ち並ぶ姿はよくポストカードにもなっているので見たことがある人も多いはず。
2012年に世界遺産に登録してから人気が急上昇し、今ではいつ行っても混雑している人気の観光地になりました。
タナロット寺院から車で20分程なのでまとめて訪れるのがおすすめです。
 
 
第3位・ランプヤン寺院
 
bali_20140501_03.jpg
 
バリ東部のブサキ寺院から車で40分ほど、天空の寺院とも呼ばれる絶景の寺院。
スラヤ山の中腹から頂上にかけて点在する大小10近くの寺院をまとめて「ランプヤン寺院」と呼んでいます。
1000段以上の石段を地元の人々と一緒に上って頂上の本堂にお参りするトレッキングツアーもありますが、
車で行ける中腹の寺院が実は一番見ごたえがあります。寺院からは東部やアグン山を見晴らす素晴らしい絶景が見れますよ。
 
 
第2位・ウルワツ寺院
 
bali_20140501_04.jpg
 
ウルワツ寺院はバリ島南端にあるリゾートエリアから一番近い寺院です。
何と言ってもインド洋に突き出したような断崖に建つロケーションが世界的に有名です。
 
ここでは毎日伝統舞踊のケチャックダンスが公演されており、しかもサンセットまで見れるという、
忙しい日本人観光客にはピッタリの一石三丁スポットです。
夕日前はウルワツ寺院に向かうツアー車でとても混み合うので、少し早めに出るのが吉です。
 
 
第1位・タナロット寺院
 
bali_20140501_05.jpg
 
バリ島のアイコン的存在のタナロット寺院は今も昔も変わらぬ一番人気の寺院です。
ウルワツが断崖に建っているのに対して、タナロットは岩礁の上に建てられ、潮が満ちている時は海の中に浮かぶ寺院になります。
特にサンセットタイムは夕焼けの中に寺院のシルエットが浮かびあがり、誰もが写真家やロマンチストになってしまうとびっきりの美しさです。
 
ウルワツ寺院はレストランや土産店などがほとんどありませんが、タナロット寺院は広大な敷地内にレストラン、土産店、マッサージ店など数十の露店があり、
ちょっとしたテーマパークのようです。こちらも夕日タイムはとても混み合うので早め出発・早め到着がおすすめです。
 
bali_20140501_06.jpg
 
バリ島の寺院はどこでも過度な露出は禁止されており、寺院内に入る際にはサロンと呼ばれる腰布と腰紐を巻くのが決まりです。
寺院によっては無料で貸してくれるところも多いですが、お気に入りの柄のサロンを一枚用意しておくと、寺院めぐりがもっと楽しくなりますよ。
 
寺院を訪れることで、リゾートとは違うバリの顔を感じてみて下さい。
 
それでは次回まで、サンパイジュンパ。
 
 
 
バリ島行きのツアーをお探しの方はこちらから
バリ島行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:コニちゃん
バリ島在住のAB型ウェブ女子。ギリギリ20代
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
アジア
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

バリ島に来たら1ヶ所は行って欲しい、おすすめ寺院5つ|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社