ギャップに驚く、高速裏のマングローブ探検

|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

インドネシア

2014年1月27日
カテゴリー:アジア | インドネシア

ギャップに驚く、高速裏のマングローブ探検

こんにちは!
2013年に完成した高速道路と立体交差点のお陰で長年の渋滞が緩和され、移動がスムーズになったバリ島。
海上を走る高速道路だけを見るとどこぞの大都市のようです。
 
高速を走ると空港裏~スランガン島まで広がるマングローブの森を見ることができるのですが、
今回はこのマングローブを探検するツアーを偶然発見したので行ってきました!
 
bali_20140201_01.jpg
 
きっかけは、高速道路の空港口すぐ左手に出来たこの建物。
マングローブの泥の上に建つバンブーで出来た建物、一体何!?
ここを通る人はみんな気になっていたはずです。
 
ここがレストランだと気付いたのは最近のこと。
先週早速行ってきました!
 
bali_20140201_02.jpg
 
広い駐車場を完備し、車をゆったり停められる駐車場。
警備のおじさまの案内で竹橋へ・・・。
なんだか探検っぽい雰囲気でドキドキします!
 
ギシギシいいながら橋を渡ります。
海からの風が吹き抜けるバンブーレストランの入口。
ローカルのお客さんで賑わっていました。
 
bali_20140201_03.jpg
 
席からの眺めは、マングローブ&海&高速ビュー!
すごい所に建てたなあ・・・と斬新なアイディアに感心。
 
レストランオリジナルの「マングローブジュース Rp.11,000(約110円)」を飲みながら
周りを見回してみたら、
 
ん?カヤック??
 
bali_20140201_04.jpg
 
乗り場のおじさまに聞いてみると、
「一人乗りカヤックは Rp.15,000、二人乗りはRp.25,000。好きなだけ乗っていいよ」
という事。激安じゃないですか!
 
バリに暮らしているとあらゆる所で「外国人価格」に出くわす中で、
躊躇無くローカル価格を教えてくれたおじさんに絶大な好感を抱きつつ、
さっそく乗ってみることに!
 
タオルも水着も何も持っていなかったのですが、
おじさんが座席を綺麗に拭いてくれたので、まあひっくり返ることなんて無いだろうと、
そのままの装備で出発しました。
 
bali_20140201_05.jpg
 
まずはレストランの敷地内と思われる竹柵の中で肩慣らし。
と言っても自分で漕ぐ気はないので、オールは後ろの友人に任せ、
私は前の席で撮影係をすることに。
 
bali_20140201_06.jpg
 
それでは竹柵を出て外の世界へ!
なんだかいきなり視界が広がって大海へ乗り出した気分。
陸沿いに広がるマングローブの森へ進んでいきます。
 
bali_20140201_07.jpg
 
10分前まであんなに賑やかな場所に居たのに森に入るといきなり静か。
音といえば、マングローブに住む鳥達のピッピッピッというさえずりや、カヤックに驚いて飛び立つ羽の音。
それと、何かが木の枝から海にジャンプするドボン!という音。
非現実すぎて夢の中にいるような感覚です。
 
だんだんと狭くなっていく川幅。
奥へ奥へと誘われているようでずんずん突き進みます。
 
 
左右のマングローブが近くになるにつれて分かることがあります。
ゴミがいっぱい!
 
bali_20140201_08.jpg
 
 
近年、環境問題が叫ばれているバリ島ですが、自然に分解されないプラスチックやゴム、
化学繊維の塊が行き着くのがマングローブの根っこや枝のようです。
クリスマスツリーの飾りみたいにぶら下がっているゴミを見ると胸が痛いです。
これは少しでも拾うっきゃない!という事で、長めの枝をゲットしてゴミ広い開始。
 
どんどん狭くなっていく川幅。顔面にぶつかってくる木の枝を避けながら進むも、
大木が倒れるポイントで行き止まりになりました。
 
bali_20140201_09.jpg
 
カヤックの底もマングローブの根っこにぶつかって前に進めないので、ここが今回の終着点に。
いきなり大きなカニが出てきてびっくりしましたよ!
 
1時間後、ビニール袋いっぱいのゴミと一緒に帰還。
賑わっているレストランに戻ってくるとタイムトリップから戻ってきたみたいです。
 
こんな中心地にもまだまだ自然が残っているバリ島を見て嬉しくなったし、
溜まっているゴミを見て、手が届く範囲で出来ることをしよう!と思いました。
 
開発と自然について考えさせてくれるこのレストラン、時間があったらぜひ立ち寄ってみてくださいね。
 
それでは次回まで、サンパイジュンパ。
 
 
 

 

バリ島行きのツアーをお探しの方はこちらから
バリ島行きの航空券をお探しの方はこちらから

 

============================================================
現地記者:コニちゃん
バリ島在住のAB型ウェブ女子。ギリギリ20代
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
アジア
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

ギャップに驚く、高速裏のマングローブ探検|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社